newshonyaku

記事一覧(311)

イギリスは南シナ海に軍艦を送り、北京との緊張を高める

英国は来年、中国と米国の緊張が高まる中、紛争を起こした南シナ海に軍艦を送ろうとしている。By Press TV    July 27,2017英国は来年、中国と米国の緊張が高まる中、紛争を起こした南シナ海に軍艦を送ろうとしている。木曜日、マイケル・ファロン英国防相は、昨年の日本との共同訓練のために4機の戦闘機を派遣した後、英国はこの水域での存在が増すだろうと語った。ファロン氏はロイター通信に対し、「我々は、来年に軍艦をこの地域に派遣することを望んでいます。必ずしも配備する場所がどこになるか確定していないが、我々は、南シナ海を航行する際、中国に制限されません」と述べた。「昨年10月に、我々は南シナ海にイギリス空軍タイフーンを飛ばしました。その地域に船舶や飛行機があるときはいつでも、私たちは、次回実行する機会があるときにはいつでもその権利を行使します。」と同氏は付け加えた。ボリス・ジョンソン英国外相はまた、英国は、紛争中のアジアの海域で2隻の新しい航空母艦を派遣させる計画だと明らかにした。「我々が、造船した2隻の新しい巨大航空母艦で最初に行うことの1つは、この地域への航行の自由を与えることだ。」と、シドニーでの英国とオーストラリアの外交および防衛大臣との共同会議で述べた。英国海軍向けに造船された最大の船である英国海軍艦船クイーンエリザベスは、2020年に、英国海軍艦船プリンス・オブ・ウエールズは2023年に任務を開始する予定である。英国船の存在は、中国との緊張を脅かす恐れがある。北京は、南シナ海紛争に関与する地域外からの介入を繰り返し非難した。今月初め、米国は、中国の人工島の12海里以内で操縦訓練を実施するために軍艦を派遣してからほんの数ヶ月後に、この地域で2機の爆撃機を送った。中国は南シナ海の海上巡視に対して米国に繰り返し警告している。米国は、海洋における中国の影響力の増大を制限しようとしてきた。そうした上で、北京が主権を主張している。南シナ海は、中国とベトナム、台湾、フィリピン、マレーシア、ブルネイの領土問題の対象地域である。元記事はこちら↓↓↓

オバマケアの全撤廃は、上院で否決された。

差し替えなしの米国連邦政府医療費負担適正化法(ACA)を全撤廃する修正案は、45-55のの票によって、米上院で否決された。By Hannity,com     July 26,2017進展中の話題差し替えなしの米国連邦政府医療費負担適正化法(ACA)を全撤廃する修正案は、45-55のの票によって、米上院で否決された。共和党議員7人が共和党に反対票を投じた。反対した共和党員は次の通りである。ラマー・アレキサンダー(テネシー州)シェリー・ムーア・キャピト(ウェストバージニア州)スーザン・コリンズ(メイン州)ディーン・ヘラー(ネバダ州)ジョン・マケイン(アリゾナ州)リサ・ムルコウスキー(アラスカ)ロブ・ポートマン(オハイオ州)共和党上院議員のリーダーシップによって否決されると予想されたこの投票は、バラク・オバマが署名した医療法案を廃止、延期、または置き換える医療法案を決める数日間の中で2回目の試みである。昨夜、上院議員たちは、今年初めに下院で承認された廃止と代替計画を通過することができなかった。ミッチ・マコネル上院議員は、オバマケアのある特定の要素を排除する「中身のない撤廃」と呼ばれる改正案を導入するだろうが、失敗した法律を全撤廃するまでには至っていない。「中身のない撤廃」法案は、健康保険の取得を強制するという個人に対する政府の義務と、従業員に医療保険を提供するよう強制する企業に対する命令を廃止する可能性が高い。医療機器税などの各種税も引き上げることも可能だ。 元記事はこちら↓↓↓

民主党のルイジアナ州知事は、米国の税金で中国の乗っ取りに補助金を出した!

経営陣に共産党員がいる中国国営の化学薬品会社は、ルイジアナに製造工場を建設した。民主党のジョン・ベル・エドワーズ知事の行政による譲歩のおかげで、ルイジアナ州の税金で補助金を出すことを放置している。by gotnews   JUL 22, 2017 経営陣に共産党員がいる中国国営の化学薬品会社は、ルイジアナに製造工場を建設した。民主党のジョン・ベル・エドワーズ知事の行政による譲歩のおかげで、ルイジアナ州の税金で補助金を出すことを放置している。Wanhua Chemical Group(万華化学グループ)は、最近、ルイジアナ州でまだ発表していない場所に、12億ドルの工場を建設する計画を公表した。これは、ルイジアナ州での化学製造工業で2番目に大きい中国投資である。Yuhuang Chemical(山東玉皇化工)はすでにセントジェームズ教区に18億5000万ドルのメタノール工場を建設し始めている。エドワーズ行政による交渉で合意されたルイジアナ州の経済開発部門は、万華に430万ドルのインフラ整備の補助金を交付し、同社は州税免除プログラムを利用できるようになる。今週初め、GotNews は、世界的な鉱業買収の一環として、ユタ州の銅市場を狙って中国のスパイにつながること話とは別の億万長者の話を暴露した。(下記リンクを参照)ホワイトハウスが「メイド・イン・アメリカウイーク」に焦点を当て、米国の土壌に侵入しようとする中国の試みに立ち向かうことは、ミッションの重要な部分である。======================メイド・イン・アメリカウイークとは・・7月17日に「メイド・イン・アメリカディ」とし、7月16日から7月22日までを「メイド・イン・アメリカウイーク」と宣言した。米国の製造業の復活と雇用創出を目指す大統領の取り組みの一環である。アメリカを偉大にするため毎日働いているアメリカ人に対し、特別な賛辞を捧げるよう求めている。(https://www.whitehouse.gov/blog/2017/07/24/made-america-week-recap)============================万華に関しては、公有化に移行する前に、当初、国営企業であると主張しているにもかかわらず、中国政府(特に国務院国有資産監督管理委員会(SASAC)の煙台支店)がほぼ40%所有する。SASACは、中国政府の国務院を代表して投資家の責任を果たしている。万華はまた、昨年、化学物質および材料産業における同社の役割を承認するため、国務院の副院長が訪れた。(http://english.gov.cn/statecouncil/wangyang/)まるでこれが十分ではないかのように、万華の経営陣は中国共産党のメンバーで散らばっている。これらのメンバーのうち5人は、共産党秘書官(これも万華の社長となった)と宣伝部の課長を含む中国政府内での地位を保持しているか、または保有している。その中の2人のメンバーが政府の賞や叙勲を手にしている。万華はまた、バンク・オブ・チャイナを含む国営銀行と関係がある。ハンガリーの化学会社BorsodChemの乗っ取りを支援する際に、銀行シンジケートを導いた。この合意はエドワーズ知事と彼のチームが掲げているが、国家経済にとって化学工業の重要性を強調する中国政府の米国の主要工業の一つを買収するという動きだけ見ることは難しい。米国の納税者の金で補助される万華のような部分的に国営で共産党の主要プロジェクトは、きっとアメリカの企業や労働者にとって重大な脅威をもたらすに違いない。

北京:中国は、アメリカで働く2万5千人のスパイを持っていて、いつでも米国を破壊する準備ができている

中国の億万長者である郭文贵氏は、中国は、アメリカで働く2万5千人のスパイを持っていて、いつでも米国を破壊する準備ができていると警告した。By Sean Adl-Tabatabai July 20, 2017中国の億万長者である郭文贵氏は、中国は、アメリカで働く2万5千人のスパイを持っていて、いつでも米国を破壊する準備ができていると警告した。中国から脱出し、ニューヨークに引っ越した億万長者の投資家は、1980年代、中国のおびただしい数のスパイが、政府を打倒し、重要なインフラを破壊するため密かにアメリカに流入していたと述べた。Shtfplan.comは次のように報道した。私たちは、彼の警告を非常に真摯に受け止めなければならない。これは、The Freebeaconとの最近のインタビューで提起された。郭氏は、現在の指導者習近平氏に権力が与えられた2012年の共産党会議の後、米国内の中国のスパイが急増したと述べた。「2012年までは、中国には累積的に1万〜2万人のスパイが米国で働いていました。これらのスパイたちは、米国で50年以上働いており、防衛モードで働いていました。」この実業家によると、防衛のスパイは、主に米国について学ぶことに重点を置いていた。その後、2012年に活動が「攻撃的」なスパイに変わった、と彼は言った。「攻撃活動によって、可能な限り米国を破壊する準備ができているという意味です。」と郭は語った。そして、これらのスパイは中国からの移民だけではない。郭氏によると、彼らの多くは給料のために自国を売り反逆したアメリカ人であるので冷酷になる可能性があるらしい。2012年までのスパイ活動のための中国の予算は、年間約6億ドルであった。2012年頃には、中国の指導者が米国に別の5000人のスパイを派遣することを決定した。「彼らのうちの何人かは学生として、あるものはビジネスマンとして、そしていくつかは移民として送られたが、一斉に5000人送られてきました。」「それに加えて、彼らは15,000人から18,000人、新たなスパイが育成されました。しかし、これらのスパイは、本国から派遣されてきているのではなく、米国内で育成されています。」採用されたスパイは、アジア人および中国系アメリカ人に限らず、ヒスパニック、黒人、および白人を含むすべての民族を含む。「現在、予算は毎年30億〜40億ドルです。これは1カ月以上前の情報です。」と彼は語った。郭氏は、米国の諜報機関はいくつかの問題に直面しており、主に中国の諜報機関に関する知識が不足していると指摘した。「中国のどの組織がこれらのスパイを送るのか、どのように管理されているのか、そしてどのような目的を持っているのかはわからない。米国は、スパイの問題を見るために非常に法律尊重な考え方を採用している。しかし、中国にとって、その方法は米国が理解するものではありません。」「これらのスパイは、彼らが米国に来るとき、彼らは周りを眠らせ、あなたを殺すためにワインのグラスに毒を入れることができます。完全に無節操なやりかたで。」と彼は述べた。彼らの目的については、郭氏は、スパイは主に軍事技術を盗むためにここにいると主張している。しかし、彼らはまた、高位の政府関係者、そして中国の有利なビジネス取引を与えることができる政治的および企業的なエリートを「買収する」ためにここにいる。そして最も恐ろしいことは、これらのスパイが悪意のあるソフトウェアを最も重要なインフラシステムに埋め込み、政府の主要武器供給業者に完全に潜入させたということである。それは重要な問題を提起する。政府はこれをどのように起こさせたか?すべての強力なNSA(国家安保障局)の監視ネットワークがこれらの人々を捕まえることができるのではないか?どうやらそれはない。私たちは安全のために自由と交換したように見えるが、いつのまにか、私たちには、どんな安全も受け取っていなかった。我々の政府が広範囲にわたる政府監視の承認と我々の市民的自由の破壊を後で示唆するテロリストに資金を助成して、精力的に訓練している間、彼らは我々の社会のあらゆるレベルに潜入させたのおびただしい数の中国のスパイが流入していることを見落した。あなたはそれを無能と呼ぶこともできるが、それはもっと不吉なものかもしれない。ジョエル・スコーセン氏が何度も指摘してきたように、我々の政府は隠された意図のあるグローバル主義者達だらけである。彼らはアメリカ、中国、ロシアの間の別の世界大戦を導いて、アメリカの破壊をもたらし、グローバルな政府への道を作りたいのである。その計画の一環として、我が国が中国との戦争で負けることを期待して、彼らは至る所でアメリカを蝕んできた。彼らが画策している戦争。おそらくその努力の一環として、中国政府がインフラに不正アクセスし、高度な軍事技術を盗んでいるということに顔を背けていた。場合によっては、郭氏が正しければ、アメリカは、新たな世界大戦と戦う立場ではなく、深刻な危機に瀕した国である。元記事はこちら↓↓↓

FACT:The Comfort Women Controversy : Sex Slaves or Prostitutes

July 24,2017============海外ニュース翻訳情報局より藤井厳喜氏先生の説明は、とても分かりやすく、海外の人にも納得していだけるものですのでシェアをお願いいたします。===============【The Comfort Women Controversy : Sex Slaves or Prostitutes】《Please spread this message to as many as possible!》Koreans claim that C.W. were sex slaves abducted by the Japanese armed forces.However, the claim has no ground at all.Thorough research reveals that Comfort Women were nothing but, professional prostitutes who were paid for their services.Koreans fabricated history to accuse Japan.No former Comfort Women ever proved that she was abducted by Japanese armed forces.A.U.S. government war report simply states that Comfort Women are professional prostitutes.Prof. Ahn Byong-jick of Seoul University concludes that Comfort Women were prostitutes and home of them were abducted by Japanese armed forces.There are some documents that assert Coercive recruitment of Comfort Women.The U.N. Coomara-swamy report is one of them.However, these documents all rely on unreliable sources and they are rubbish from historians' viewpoint.Gemki Fujii (Analyst, International Relations)===============韓国人は、従軍慰安婦が日本の軍隊に拉致された性奴隷であったと主張します。しかし、この主張には根拠が全くありません。徹底的に研究調査した結果、従軍慰安婦は、彼らのサービスのために支払われた専門の売春婦であることを示しています。韓国人は日本を非難する歴史を作りました。元従軍慰安婦は、彼女たちが日本の軍隊に拉致されたことを証明したことはありません。アメリカ陸軍による「朝鮮人慰安婦報告者」 によれば、従軍慰安婦はプロの売春婦過ぎないとしています。ソウル大学の安秉直教授は、従軍慰安婦は売春婦であり、彼らの故郷で日本軍によって拉致されたと結論づけ、従軍慰安婦の強制動員だと主張するいくつかの文書があると主張しています。国連のクーマラスワミ報告書はその一つです。しかし、これらの文書はすべて信頼性の低い情報源に依存しており、歴史家の視点からは、ナンセンスなばかげたものです。(藤井厳喜 :  国際関係アナリスト)==============

FACT:トランプは、就任6カ月で米国を4兆ドル以上豊かにした!

ドナルド・トランプ大統領は、昨年1月に就任して以来、米国の4兆ドル以上の豊かにした。By  Stuart Varney  & Hannity.com    July 20,2017ドナルド・トランプ大統領は、昨年1月に就任して以来、米国の4兆ドル以上の豊かにした。しかし、あなた方は、主流のメディアを見たり読んだりするするのでこのことは知らないだろうと、フォックスのスチュアート・ヴァーニー氏が書いた。破滅トランプとして、メディアがロシア・トランプの陰謀理論に執着し続けている中で、大統領は、米国の労働者を解き放ち、米国経済を軌道に戻すという選挙公約をうまく果たしている。大統領の就任以来、トランプは、およそ4.1兆ドルを国の全体的に増加させ豊かにし、401k、IRA、貯蓄口座、ローン、株式ですべてのアメリカ人に影響をもたらした。基本的に株式投資しただれでも。「政治の世界が、この大統領と彼の成長政策を軽視しているが、お金の世界はものすごく驚異的だと思っています」とヴァーニーは語る。「だれか民主党の成長計画を教えてもらえますか?彼らは1つはありますか?」とフォックス・ビジネスのホストに尋ねた。「彼らは、依然として、富裕層に課税し、貧困層に与え、資本主義を抑え、国境を開放すれば、何とか成長するという信念に固執しているようだ。」「ナンセンス。6ヶ月後には、左翼は憎しみで窮地に陥いるでしょう。」「希望を持ちましょう、憎しみが負け、成長が勝ちます。」と彼は付け加えた。動画はこちら↓↓