トランプ大統領の最高裁判所裁判官選択についての新しい事実

この記事の英語ニュースはこちら:

ドナルド・J・トランプ大統領は、最高裁判所に第10州裁判所のニール・ゴーサッチ米連邦高裁判事を候補者に指名します。

選択についてのいくつかの事実は、次の通りです。:

トランプ大統領は、素晴らしい法律精神、立派なアカデミックな経歴と憲法主義への関与でアメリカ合衆国最高裁判所に選びました。

1. スカリア判事に続く同じ一貫した理にかなったアプローチ

2. 法令のテキストと憲法の原義に密接という点。

3. 信仰の自由の熱心な擁護者

=====================================


FOXニュース次のように伝えています

ドナルド・トランプ大統領は故司法アントニン・スカリアの代わりに、最高裁判所に第10宗連保裁判所のニールGorsuch米連邦高裁判事を候補者に指名しました。

Gorsuch判事は、憲法原理主義者と信教の自由の支持者として知られているように、判事の司法原理は司法省スカリアのものと類似しています。

Gorsuch(49)は4分の1世紀以上間の中で米国の最高裁判所に最も若いノミネート候補者です、そして、彼はここ数十年間も法廷の指揮に影響を与えることができました。

「Gorsuch判事の資格は、間違いないです」と、彼の指名を発表している間、トランプ大統領は言いました。

「彼は、我々の国の男性と我々の国が法の支配と正義の原則を確実にするためにとても本当に必要とする男性です。」

民主党と共和党が国のために「今度だけは」一緒に来ることができて、最高裁判所にGorsuch判事を確かめることができることを、望むと、彼は付け加えました。

指名は、前に週で激しい上院議論を発射することになっています。

それがたとえ誰であろうとも、一部の民主党員はトランプ大統領の選択に反対すると誓いました。

そして、何人かさえ議事妨害へ移ることについて話しました – 彼らが100会員上院で60票を得ることをトランプのノミネート候補者に要求することを意味すること。

ここのGorsuch氏について詳しくしっていること、あなたがコメントにおいて何を考えるかについて私たちに知らせてください。

=====================================

当情報局より補足

故アントニン・スカリア判事については、こちらもどうぞ

故スカリア判事は、最も保守的だった人物で、オバマ大統領の移民政策にずっとブレーキをかけてきた人物だったのですね。

なかなか立派な人のようです。


海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。