テッド・クルース上院議員のサリー・イェーツの解雇についての記述

不法なオバマ司法省の長い8年後に、悲しいことに、新しく選択された大統領に逆らって、法律を実施することを拒否し、大統領に彼女を解雇することを強制することが、オバマ司法省の最後の行為(法務長官代理のため)であることです。

エリック・ホルダーからロレッタ・リンチ(法律に対する忠誠より上に真鍮の党派心の強い利益を置く司法長官の)まで、サリー・イェーツは、現在不名誉な継承に加わります。

法律を実施して、擁護する彼女の憲法義務を遂行することを拒否した代理の司法長官を解雇するのは、トランプ大統領が、正確で正しかったです。

イェーツの不法な党派心は、上院が現在行う必要がある理由を照らし出します。

-そして、上院民主党員は彼らの極端な政治的な妨害と遅れを終えなけれなりません。

-すぐにジェフ・セッションズ氏で固めてください。

アメリカは、憲法に誠実で、法律を支持する司法長官を必要としています。

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。