出入国管理禁止反対運動の資金元判明!

またもやジョージ・ソロスはトランプ大統領の出入国管理禁止への反対運動のバックの財政的関係者であると判明しました。

PJmedia.com の報道より:

「特に懸念される国」から「移民と非移民」の入国を一時的に禁止しているトランプ大統領の実行を取り巻く懸念のニュース記事と抗議活動は、左翼億万長者ジョージ・ソロスによよる資金提供によってのPRの一つであるようです。

現在のトランプの行政命令は、寧ろ選挙キャンペーンの時の公約の完全な「イスラム禁止」ではなく、穏やかな難民規制です。そして、この行政命令は、オバマ大統領によって実行されたものと類似しています。

もし、抗議の内容が真実であるならば、グリーンカード・ホルダー(つまりたぶんすぐに修正される法律の不運な誤用)にさえ、その規制は適用されているはずです。

土曜日にJFK空港に一部の難民は一時的に拘留されていて、あっという間に抗議運動グループが現れました。

Breitbartのアーロン・クラインによると、トランプの移民弁護士の執行命令を阻止するために土曜日に起こされる訴訟への署名者は、ソロスによって資金を出されるグループから訴訟を提訴しました。

ニューヨークのケネディ国際空港で拘留された2人のイラクの難民は、弁護士が彼らの依頼人を解放させようとして土曜日早くに申し立てを起こしたので、少なくとも1つのケースは法的問題を速く促しました。

入国において不当に拘留されていると言ったすべての難民と他の移民を代表する努力において、彼ら身元証明のために申し立てを起こしました。

訴訟は、国際的な難民支援プロジェクト、全国出入国管理法センター、エール・ロースクールのジェロームN.フランク法的サービス組織、全米市民的自由連合(ACLU)と都市部の司法センターの国際的な難民支援プロジェクト(以前イラクの難民支援プロジェクト)からの弁護士によって起こされました。

ACLUは、2014年に5000万ドルの補助金を含むソロスのSociety Foundationsによって、大規模に資金提供されています。

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。