渡航禁止発令による死人発生の記事は嘘です

今週の週末トランプ大統領によって起こされる渡航禁止中に、アメリカ合衆国への帰国を妨げられたため母がイラクで死んだと主張した男性は、FOX 2に彼女の死亡の日について嘘をついていたことを、ディアボーンのモスクのリーダーがFOX 2に確認しました。

アメリカでは、「テロリストの結びつきをもつ個人とテロリストがアメリカ合衆国への入国を止めること」を目的に、イラン、イラク、シリア、スーダン、リビア、イエメンとソマリアからの旅行者は90日の間アメリカ合衆国へ渡航が禁止されます。

この話は、FOX 2で放送され、FOX2Detroit.comの上に掲示されたあと、彼の母が帰国の承認を待っていて死んだというヘイガーの主張の有効性についての多くの質問を、我々は受けました。

FOX 2は、彼の母が5日早く死んだことを確認しました。


ディアボーンのKarbalaaイスラム教育的なセンターのリーダー、Imam Husham Al-Hussainyによると、ヘイガーの母親は、腎臓病にかかっていて、ミシガンで治療を行けていました。家族訪問のためイラクに渡航する前、彼女は、生存していて、
トランプ大統領が、渡航禁止の5日前、2017年1月22日に他界したと証言しました。
さらに確認したところ、「彼の母親は、渡航禁止前の2週間前、1月22日に亡くなったのことは事実です」

と証言しました。

Al-Hussainyは、ヘイガーが、彼の母が腎臓病にかかっていたと1月19日に彼に連絡し、彼がそれまで彼女とイラクに行っていたと証言しました。

彼女は1月22日に死亡し、ここのデトロイト地域のもう一つのモスクで彼女の名誉の礼拝をおこないました。

トランプに投票したImamは、空港で旅行者と抗議者のために旅行禁止または週末混沌について一般的な不安を起こしたくありませんでした。

その代わりに、彼は平和と忍耐を求めてました。





海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。