ホワイトハウスのイスラエルの領土問題について表明

THE WHITE HOUSE

Office of the Press Secretary

FOR IMMEDIATE RELEASE

February 2, 2017

Statement by the Press Secretary


「イスラエル人とパレスチナ人の間の平和」に対するアメリカの願いは50年間変わりません。

我々が領地問題が平和にとっての障害であると信じない間、新しい領地の建設または彼らの現在の国境を越えた既存の領地の拡大は平和へのゴールを達成するのに有効でない場合があります。

トランプ大統領は時間をかけて、中東地域での平和を成し遂げることを希望しています。

今月後半、イスラエル首相がトランプ大統領を訪問する際、トランプ政権は和解活動に対して公式立場をとらず、首相とネタニヤフと一緒に前向きに話し合うことを表明しました。

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。