クウェートは、イスラム主要5か国にビザ禁止令

ドナルド・トランプ米大統領の90日間の米国内のムスリム渡航禁止を受け、湾岸諸国は、厳しい入場規制を出しました。ムスリム主要国5か国の市民は、もはやクェートのビザを得ることができません。

シリア人、イラク人、イラン人、パキスタン人、アフガニスタン人は、観光、訪問、商用のクエートのビザの入手ができません。

クエート国のパスポート保持者は、包括的な渡航禁止が実施される間、湾岸諸国に入国がほとんど許可されないし、ビザの発給はしません。

クエートの関係者は、5か国への規制は、治安状況が不安定なため実施されていますが、一時的に状況がよくなれば禁止は解かれるとローカルメディアに話しました。

シリアとイラクが内戦に巻き込まれる間、パキスタンとアフガニスタンの全領土が過激派グループの暴力の舞台になりました。

大部分は平和であるが、GCC(湾岸協力会議)がテヘランの不安定な地域を襲ったとして、昨年イランと湾岸間の緊張が高まりました。

クエートは、アルカイダのような過激派グループの脅威について懸念を抱いています。
そして、両国に好戦的な組織を持つISは、シリア、イラク、アフガニスタン、パキスタンに存在しています。
過去2年間の間、27人のクエート人を殺害された2015年のシーア派モスクの爆破など、湾岸諸国はいくつか好戦的な攻撃の舞台になりました。
クエートは、多数のIS支持の容疑者を逮捕し、湾岸諸国の400万の人口のためDNA鑑定プログラムとデータベースを導入し応じてきました。

クエートは、2011年にシリア人のすべてのビザの発給の禁止令をだしましたが、国に残ることは許可していたと報告しました。

アメリカが入国を禁止する7か国のなかのシリアと呼ぶまでは、クエートは公式にシリアに入国を禁止する唯一の国でした。
近年外国人を対象としていくつかの法律を発布し、国外在住者へ最も非友好的な湾岸諸国の1つになりました。

2015年に、InterNationsが調査する64の国の国外在住者にとって、クエートは世界で最悪の場所だとよばれました。

ドバイセキュリティーチーフのDhahi Khalfan 氏がトランプの決定を支持したとき、シリア人とそのほかの国籍者を憤慨させました。






海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。