子供の近くで母親を強姦したソマリア難民は、5ドルで保釈されアメリカから追放されない

ミネソタバスで7歳の子供の近くで母親を強姦したソマリア難民は、5ドルで保釈されアメリカから追放されない。

Dana Dali Newsから。

なぜ彼が追放することができないか疑問である。

スポークスマンによると、ICE(出入国管理&関税施行)は、この事件は管轄外とのこと。

彼は合意の上の行為だっと主張しており、有罪であるということを証明されるまで、無罪であるとのこと。

我々は、そのことを確かめることができかったが、ビデオの被害者の写真を手に入れた。

状況からすると、9月に米国に到着したソマリア人の男性は、性的犯罪を犯した疑いがあり、懲役30年の重罪に罰せられるべきだ。

クロックストンタイムズは、

「金曜日にクロックストンを通過するバスで女性を強姦したと訴えられ逮捕されたモハメドHarir Ayanle(22)は、月曜日に5ドルの保釈金で、北西地域の収容所から釈放された。」

と報じている。

警察は、被害者の証言の彼が持っていたというナイフを発見することができなかった。

ICEスポークスマンは、それらが証明されるまで管轄外だとのこと。

どうしてこうのような犯罪者がアメリカにいるのか?

おそらくソマリア人の通訳の問題もあり、きちんと捜査されないことが問題だ。

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。