30年前、トランプ氏は黒人とユダヤ人の差別ために戦っていた。

トランプ次期大統領を差別主義者だとレッテルを張る民主党とマスコミでしたが, 実際の彼は、差別主義者ではなく、いかにフェアであるかを示した事件を紹介いたします。

アメリカンスペクターのジェフリーロード氏の記事から。

1997年に、トランプ氏は、フロリダ州パームビーチのMar-a-Lagoを購入し、プライベートクラブにしました。

トランプ氏が最初この地に着いたとき、パームビーチエリアは、ユダヤ人と黒人を鉄格子にいれているような静かな冷酷な差別があったそうです。

この問題にトランプ氏は、「差別の本質に光を灯し、影響を与えた」とADL(名誉毀損防止同盟)のアベ・フォックスマンは証言しました。

トランプ氏は、町議会に「招かざる客」という映画のコピーを送り、クラブに対する既存の規制の解除するよう求めました。

しかし、町議会は、トランプ氏がユダヤ人と黒人にクラブを開放したため、1億ドルの訴訟をトランプ氏に起こしました、

1997年のウォールストリートジャーナルがこの事件を論じ、裁判では、最終的に、彼らへの差別的な制限に終止符が打たれたそうです。

トランプ氏は大統領選挙のずっと前にパームビーチの社会で人種差別と反ユダヤ主義と戦った姿があります。

今日の世界では、左翼は人種的な分担を要求し、不法移民を支持します。

これらの全てに共通していることは、彼らが人種によってアメリカ人を分断するようにしむけているということです。

トランプ氏に向けられる人種差別主義の告発において、虚偽だということを示します。

ドナルド・トランプがそのことについて反撃するために立ち上りました。

ずっと以前に、パームビーチで誰も見ていていなかった問題と戦ったように。

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。