米国への入国許可後、テロリストに転じ裁判を受けた20人の難民のリスト

MSMメディアが、難民はテロの脅威にならないという嘘を流しているが、事実はそうではないようだ。


上院議員とまもなく任命されるジェフ・セッションズ司法長官は、オバマ前大統領が米国に劇的に難民の量を増加させた一方、2016年にリストを編集していた。


膨大な量なので詳しくはここに書かないが、ざっと見るところ、トランプ大統領の難民一時的な難民受入れ禁止宣言をしたのは当然の処置だと考えられる。


逮捕され、有罪判決を受けた20人についてもISがらみが多い。


武器の輸入、自爆テロ、残忍な民兵グループへの資金援助、スティンガーミサイルの移譲、輸出、テロリストの入国のため難民申請での虚偽の陳述、などなど。


トランプ大統領が、一時的な7か国の渡航禁止、難民受入れを停止を行ったのは、MSMメディアが報じるようなムスリムへの偏見ではなく、緊急性があると判断したと考えられる。

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。