ペンス副大統領、ベッツィ・ディヴォスへの歴史的票について声明


皆さん、


本日、私は教育長官においてのドナルド・トランプ大統領の指名を確定するため、上院でのタイブレーク票を投じます。

大統領が指名した人物の任命のためへ私の投票は、ベッツイだけのものではなく、アメリカの将来のためでもありました。

私たちの国の成功は、学生の教育にかかっています。

ベッツィ・ディヴォスついて、我々は、教育の機会と卓越性のために、アメリカの一流の提唱者の一人を閣僚に迎えました。

彼女は、30年近く、アメリカの全ての子どもたちがより良い生活を送れるよう、時間と才能と宝物を捧げました。

数え切れないほどの学生は、革新、機会、そして本当の意味のある選択によって定義された教育市場を促進する彼女の努力の恩恵を受けています。

大統領と私は、子供たちの未来が郵便番号(学区制度)によって決定されるべきではないことに同意します。

学生は、子どもの成功より以前に現在の教育システムに閉じ込められてはいけません。

ベッツィ・ディヴォスは教育長官として大きな影響を与えるでしょう。

公立学校、私立学校、教会学校、チャータースクール、その他の学校のいずれであっても、すべての生徒にとって良い学校に進めるよう確実に手伝ってくれるでしょう。

私たちは、この大統領選挙で私たちと共に立っていたマコネル上院議員と共和党上院議員全員に感謝しています。 大統領はこの任務に全力で取り組んでいます。

今日の投票は私たちの国の歴史の中では初めてのものでしたが、実際の歴史はアメリカの子供たち、そしてアメリカの未来への献身的な努力によってなされるでしょう。

ご協力いただき心より感謝いたします。


敬具、


マイケルR.ペンス アメリカ合衆国副大統領


海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。