マイケル・フリン国家安全保障補佐官★辞表全文


2017年2月13日トランプ政権マイケル・フリン国家安全保障補佐官が辞任した。

トランプ米政権のマイケル・フリン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が就任前に駐米ロシア大使と経済制裁解除について協議し、法に触れた可能性があるという疑惑をめぐり、ホワイトハウスは13日、大統領が「状況を見極めている」と記者会見で明らかにした。



フリン氏の辞表全文:


2017月2月13日  8:37PM


国家安全保障補佐官としての任務の中で、私は、海外のカウンターパートナー、大臣、大使と数多く電話で話しました。


これらの電話は、円滑な政権移行を促進し、大統領、顧問、各国指導者の間に必要な関係を築くことでした。 このような電話は、との政権移行ににおいても標準的なものです。


残念なっことに、速いペースの事件のため、ロシア大使と私の電話に関する不完全な情報に関して、副大統領とそのほかの方々に不注意にブリーフィングしました。


私は大統領と副大統領に真摯に謝罪し、私の謝罪を受け入れてくださいました。


私は30年以上の名誉ある軍事サービスと国家安全保障補佐官としての在任期間を通して、米国大統領を含めて、私が奉仕した人々に最大の誠実さと誠実さをもって常に任務を果たしてきました。


私は、そのように優れた方向で我々の国と米国民に貢献でき光栄に思い、辞意を表明しております。


大統領の任命で3週間、世界のアメリカの指導的地位を回復させるための基本的な方法でアメリカの外交政策を再調整したトランプ大統領に仕えたことは、誠に光栄であります。


この現状で自分の国に奉仕することをもう一度控えて、トランプ大統領の個人的な忠誠心、激しい戦いの選挙戦で働いていた人々の友情、挑戦的な移行期、早期彼の大統領の日などすべてに感謝申し上げます。


私はドナルド・J・トランプ大統領とマイク・ペンス副大統領と彼らが組閣した優秀なチームの強力なリーダーシップを知っております。


このチームは米国歴史における最高の大統領の一人として歴史に残るだろうと確信しています。


彼らが、一丸となって”"Make America Great Again"(アメリカを再び偉大にしよう)”と米国民のために働くと確信してます。


Michael T. Flynn,

LTG (Ret) Assistant to the President National Security Advisor


海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。