フリン氏辞任は、前オバマ当局者の追放キャンペーンが原因

前オバマ当局関係者、フリン氏を追放する極秘キャンペーンを起こした。 


2017年2月14日

ホワイトハウス国家安全保障補佐官のマイケル・フリン氏の突然の辞任は、
その内容はトップシークレットであり、ドナルド・トランプ大統領の国家安全保障理事会に足かせになった。


ホワイトハウス内外の複数の情報筋によると、イランとの核交渉を維持するため、前オバマ政権の関係者による極秘の数カ月間の反フリンキャンペーンの成果であるとし、これらの関係者がフリン氏に関する全国的なメディアで一連の有害な物語を作ろうとする舞台裏での工作がThe Washington Free Beaconに述べられている。


その工作には、元オバマ政権顧問のベン・ローデスを含むオバマ支持者たちによるフリン氏の信頼性を貶めるための小規模な調査団が関わっていると複数の情報筋から明らかにした。


  *元オバマ政権顧問のベン・ローデスはプロ・イランのエコー・チェンバーとし独立したホワイトハウスでの企画者であった。(イラン交渉についてのメディア戦略・世論誘導担当) 


彼らの行動は、主にオバマ政権で隠されていたイランとの核取引の極秘事項の詳細を明らかにしようとするトランプ政権の努力を妨害するために、イランの核取引の相手であるフリンを信用させないことに的を絞った。


反フリンキャンペーンに精通している内部関係者は、The Washington Free Beaconに対し、前オバマ大統領が、イランとの外交の何人かの著名な反対者を含むトランプの国家安全保障チームになる前、一連の障害物を立てるために、トランプの就任の数ヶ月前に策略をたてたと語った。



The Washington Free Beaconと話した情報筋は、匿名を条件に、この状況について、フリン氏の公式見解を妨害しないようにするため、ロシアの当局者との一連の電話について大統領に十分に伝えていないことに重点を置いているとざっくばらんに話した。


フリン氏は、月曜日の夜遅くにリリースされた簡単な声明で、これらの電話に関する彼の誤った話を信じていた。

トランプ政権当局者はその後、大統領と副大統領がロシアとの接触について誤ったフリンの努力は容認できないと述べた。


しかし、この状況に密接に関わる複数の情報源が、フリンを貶めることではなくトランプ・ホワイトハウスを傷つけることを目的とした、より大きい極秘のキャンペーンだと指摘している。



「フリン氏を貶めるキャンペーンが、就任日前にうまく進んでいたことは否定できない。非常に面倒で政治的な一連のリークが彼を傷つけるように計画されていた」

とベテラン国家安全保障アドバイザーは語った。



「この傾向は、イランとの協定までの一連の流れを思い起こさせ、おそらく同じキャラクターのキャストの特徴である」


The Washington Free Beaconは、昨年1月、、オバマ政権が就任の最終日までに、核協定の条件についてアメリカの人々に誤解を与えるのを助長するのに重要ないくつかのプロ・イランの声を主催したと報告した。


これには元イラン政府当局者と、イランのアメリカ議会議長、すなわちNIACが含まれ、ワシントンでイランの大統領候補として働いていると非難されている。


それ以来、オバマ政権の国家安全保障チームの最高幹部は、ホワイトハウスを去った後、通信インフラを立ち上げ、記者団に、そのインフラストラクチャ-を使ってトランプの外交政策を弱体化させていると語った。


フリン氏とホワイトハウスに近いベテランの外交政策担当者は、


「実際にはベン・ロードス、NIAC、イランのムッラー達は今日祝杯を挙げている。彼ら全員、イランとの小さな神聖な協定がなくなることを知っていた。 だから彼らは、極秘協定のいずれかが表面化する前に、フリン氏を排除した。」


フリン氏は、オバマ政権によって意図的に隠されていた核取引に関する詳細の多くを公開する準備をしていた。


フリン氏は、これらの極秘協定において

「何が起こったかを誰もが見ることができるようになる前に葬られた」

とフリン氏とホワイトハウスに近い第2の内部告発者は語った。




ホワイトハウスの周辺の関係者は、フリン氏に対するネガティブキャンペーンがトランプ政権の他の著名人にも拡大されることを懸念している。



ホワイトハウスの上級職員の一人は、The Washington Free Beaconに対し、この元職員をターゲットにした告発は

「一連のランダムな出来事の結果ではない」

と語った。


ホワイトハウス国家安全保障理事会(FRB)のメンバーである当局者は、


「フリン将軍に関する過敏な絶え間なく聞こえてくる批判のリークは、彼が現在の立場に任命されて以降始まった。」

「昨夜は一連のランダムな出来事の結果ではなかった。大統領は貴重な顧問を失ったため、このような事態が再び起こらないようにする必要がある」


と語った。



他の情報筋によると、情報社会に対する国民の信頼は、反トランプの工作員の行によって、情報社会おける国民の信頼は崩れていくだろうという懸念が表明された。



「米国の人々を困らせる大きな問題は、情報機関の未知な選挙区の広大な力であり、政府内で働く者と受け入れ可能な政策の両方を決定することで、選ばれた国民代表が追求できるようになる」


上記の国家安全保障顧問は述べた。


「フリン氏自身の問題を別にすれば、無名の無関係な官僚たちは、あらゆるアメリカ人が心配しなければならない暴力行為に基づいて、大統領の国家安全保障担当顧問を摘出することができた」


と同筋は説明している。


ホワイトハウスに所属するブルームバーグ・ビューのコラムニストでベテランの国家安全保障記者であるエリ・レイクは、The Washington Free Beaconに対し、フリン氏はオバマ政権の最も批判的な一人として知られていると語った。


「国防情報局補佐官を強制的に下ろされた後に、マイケル・フリンは、オバマ政権の最も激しい評論家の一人であった」

とレイクは語り、

「マイケル・フリンの政治的暗殺」と火曜日にコラムに表現している。




「フリン氏は、オバマ大統領の最大の外交政策イニシアティブであるイランとの協議を批判していた。イスラエルとアルカイダとの密接な関係を示したオサマ・ビンラディンの襲撃で発見された機密文書の管理を公然と非難した。」

とレイクは語る。



またレイク氏は、彼のコラムで、フリン氏の辞任に対するホワイトハウスの公式の急展開を受け入れないと記している。

「ホワイトハウスにとって、このように簡単に日和見的な事実、つまりフリン氏がペンス氏に”ウソをついた”ということで失脚させるというのは奇妙だ」

とレイクは書いた。「それは合わない」と。


ホワイトハウスのショーン・スパイサー報道官は、デイリーブリーフィングで、

「このような状況や疑わしい一連の事件の結果として、信頼が崩れることが増し、大統領はフリン将軍に辞職を求めることになった」

と述べた。


議会の顧問として働きイランと交渉で2015年の戦いに巻き込まれた第3の情報筋は、オバマ政権は、フリン氏がイランとの秘密協定を公開しようとしていたことを恐れているとThe Washington Free Beaconに語った。


「オバマ政権は、フリン氏がイランとの機密文書を公開することを知っていた。

だから12月、オバマNSCは、お気に入りの記者たちと協力して、フリンについての有害かつ不完全な情報を選択的に漏らし始めた」



「トランプ政権が発足した後、一部の人々がそのまま残り、一部は外部から働き始め、彼らは協力してトランプ政権を崩壊させた」

と、この数週間、フリン氏を標的にした一連のホワイトハウス内の一連のリークが詳述された。


「昨夜の辞任は、最初の大きな勝利だったが、トランプ側の人間がホワイトハウス内を一掃することに真剣にならない限り、それは最後ではなくまた起きるだろう。」



海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。