オバマの休暇の資金ごまかし事件に対し請求

辞任する前にオバマ大統領は、国務省に今後20年間に渡って一連の「公式訪問」を行う手配をした。

オバマ大統領は、大統領の公式訪問と休暇のための予備費を使い、2036年まで彼と家族の24人のメンバーとスタッフと犬のシッターのために、21億ドルの休暇の費用をただでだまし取ろうとしていた。


オバマ氏は、お金を節約する方法を常に探しているトランプ氏に執務室を譲らなかった。

オバマの旅行計画と経費が大統領執務室の塗り替えの経費にすべて計上されている元帳が提示された。

このことは、専門知識必要とする改造を行うために典型的ホワイトハウスの職員ではない外部から雇った31名の中の専門家の1名が発見した。


われらが大統領トランプ氏はすぐにオバマ達の計画を中止し、米国外のどこでもオバマ氏を保護する予定のシークレットサービスのエージェントをすべて呼び戻した。


彼らが国に再入国できるようケニアで書類を待っているオバマ達もまた、トランプの手による新しい挑戦に直面している。


彼らは公式の国営企業ではないので、休暇の費用を全額政府に返済する必要があるだろう。

おそらく仕事に関連する可能性のある日の少額の手当を清算し、残りの2億1400万ドルを請求されるだろう。


オバマ氏が休暇に費やした692日間のうち、仕事はほとんど含まれていなかった。

彼らは食事をし、眠り、ゴルフをし、ミシェルは海外高官を訪問するためのプレゼントを購入するために使用されるはずである裁量的なギフト資金を流用し、執務室から買い物手当を受けていた。

それは、彼らのスキャンダルの一つに過ぎないのである。



海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。