トランプ政権は、トランスジェンダー学生を特定保護する規則を取下げる

水曜日、トランプ政権は、特定の保護をトランスジェンダー学生(激しい進行中の一般の議論の最新の事情)まで広げているオバマ時代の規則を取下げた。


司法省と教育省は、法的問題をさらに検討する必要性を指摘し、水曜日の夕方に新しいガイドラインを発表した。

以前のガイドラインでは、公立学校に、性のアイデンティティと一致するトイレと他の施設を利用できるようにすることを要求していた。


「これらのガイダンス文書は、差別、いやがらせ、いじめからの保護がない状態での撤廃ではありません。」

「LGBT学生を含むすべての学生が、安全な環境で、学び、成長できるよう、すべての学校は保障しなければなりません。」


ジェフ・セッションズ司法長官は、オバマ政権以前のガイドラインが、既存の法律、特に性別に基づく差別を禁じているTitle IXの確固たる基盤に欠けていたと発表した。


* Title IXとは...連邦教育法第9編:連邦改正教育法(Education Amendments of 1972)第9編:連邦の補助金や助成を受ける教育機関での性差別を禁じている.



「議会、州議会、地方自治体は、この問題に取り組むための適切な政策や法律を採択する立場にある」とセッションは語った


ベッツィ・ディボス(Betsy DeVos)教育長官は、

「これは州と地方レベルでベストに解決された問題である」。

「学校、地域社会、家族は、すべての学生を保護する解決策を見いだすことができ、多くの場合、これを発見することができます。」

「私は、生徒たちのために提唱し、戦い自分のキャリアを捧げてきました。教育長官として、教育省の重要な優先事項というだけではなく、LGBTQの学生を含む全ての学生を、アメリカの全ての学校で保護する事を検討いたします。」

と述べた。


このガイドラインを取り下げるという決定は、トランプ政権の内部でセッション氏とディボス氏のとで議論を引き起こしたと言われている。


ディボス氏は、過去の規則を廃止したことを不快感えを示したと言われていたが、セッション氏は双方の承認が必要な新しいガイダンスを取り戻すよう促した。


伝えられるところでは、トランプ大統領はセッションズの意見を支持し、教育省が学校にトランスジェンダー学生へのいじめを取り締まりを命じている言葉を含むという条件を守るようディボス氏に促しました。


宗教的な保守派は、生徒が出生時に性別に合ったトイレを使うべきだと主張し、そうでなければ不適当な社会工学であると主張し、オバマ時代のガイドラインに反対した。


ホワイトハウスの報道官、ショーン・スパイサーは 、今度の水曜日の変更について発表した。

「大統領は、州の権利をしっかりと信じている」

と彼は毎日の記者会見でトランプ氏について語った。

「大統領と長官の間には隙間はない」

「私は、勧告の発行時期と正確な言葉遣いについての議論があったと思う」

と発言した。


この変更は、論争の的になる問題を含むいくつかの訴訟に影響を与える可能性がある。


テキサス州検事総長ケン・パクストンが率いるいくつかの州は、オバマ氏の裁判所命令に反対し、テキサス州地方裁判所の裁判官は、8月に凍結し全面的予備的差止命令を発した。

オバマ政権は、後に 連邦控訴裁判所に上訴した。


今回の決定は、学校が男の子トイレの使用を禁じているトランスジェンダーのヴァージニアのティーンエイジャー、ギャビン・グリムを中心とした係属中の最高裁判所の事件にも影響を与える可能性がある。

裁判官は、この事件を審問せず、下級裁判所に代わりにそれを決定するよう指示することができる。

トランプ政権は、水曜日に最高裁判所にその判決を伝える手紙を送った。


グリムに代わって事件を提起したアメリカの市民自由連合(ACLU)は、水曜日の変更で彼の合法的な戦いを終了させないと誓った。


ACLUの上級スタッフ弁護士ジョシュア・ブロックは

「トランプ政権がオバマの規則を取り消したことに失望したが、行政はタイトルIXの意味を変えることはできない」

「最高裁判所が、ギャビン・グリムの事件を審問すると決定したとき、行政指導を考慮することなく、タイトルⅨの解釈が正しいかどうかの判決を下す」

「私たちは、ギャビンの側に法律があると確信しており、彼は第4巡回控訴裁判所と同じように勝つだろう」

と声明で述べた。


Updated at 8:40 p.m. Jordan Fabian contributed.

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。