LA宗教指導者達は、不法移民を匿う地下組織を構築

曜日(2/23)CNNが,

ロサンゼルスの宗教指導者達は、国外追放に直面している不法移民の家族のために、シェルターを提供するための援助の一環として地下組織を構築していると報道した。


CNNの報道の内容は次のとおり:


「迅速な対応チーム」という組織は、潜在的に南カリフォルニア全体の何百と何千人という不法移民を匿っていた。


「それは、家族一緒でありつづけるためのコミュニティとして必要とされているものです」

とエイダ・バレンテ牧師は、すでに3家族をホストする準備ができている家をCNNに見せた後、語った。


不法移民家族のための同様のサービスは、すでに地域における数多くの教会や宗教的な建物によって提供されている。


CNNによると、この「迅速な対応チーム」は、既存の対策を越えて行くことを目指している。


特定されたくない他の参加者は、CNNに 

「入国管理局が、ドアをノックしてきたら、彼は、全力で彼らを守るだろ」と証言した。


エイダ・バレンテ牧師は

「私は、間違いなく中に入らせません。それは、私たちの法的権利です。」

「もし、彼らが令状を持っている場合、中に入ることができる。その瞬間、ちょっと怖いと感じるだろうと想像できる。」

と語った。


オバマ大統領の下では、米国移民税関捜査局(ICE)職員の権限は、様々な宗教の場所に限られていた。

新しい地下組織のメンバーは、トランプ大統領の政策を続けることに懐疑的な見方を表明している。


今週、新政権は、ICEによる不法移民の取り締まりの強化を発表した。




海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。