トランプ大統領は、就任1ヶ月で12億ドル国の負債を削減

アメリカの国の負債は、1月20日時点で1,947,304,555,212ドル

(日本円で約218,935,451,143,000円)だった。


ひと月でトランプ大統領は国の負債を削減している。


1月20日(就任式の日)

--国の負債は19,947,304,555,212.40ドル、約19.947億ドル台だった。


2月21日 

--国の負債は、19,935,316,186,835.70ドル、約19.935億ドルになった


トランプ政権になってちょうど1か月、全体の負債の0.1%(約12億ドル)が削減されている。

(一方、オバマ前大統領は、最初の一月で200万ドル負債を増加させた)


これは、国債の過去10年の間の成長率を考慮しても前例のない業績だ。


上記のこれらの数字は、米財務省の公式サイトによる日々のカウントから直接採取された。

トランプ大統領の信じられないこの進捗がわかる米財務相の公式サイトからのスクリーンショットは、次のとおりである。

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。