CNNのクモオ氏、トランスジェンダーのトイレについて仰天発言

2016年オバマ米政権は、心と身体の性が一致しないトランスジェンダーの子供に配慮し、本人が望む性別のトイレを使うことを認めるよう全国の公立学校区に行政令をだした。

(注*ここではトイレと書いたが、更衣室、シャワールームなど含む施設のことである)。


このことについて、11州でこの行政令は違法だとして連邦裁判所に提訴していた。

この問題をうけ、トランプ政権では、

「連邦政府ではなく、個々の州がトランスジェンダーのトイレ政策を決定することを可能にした新しい計画」

をだした。


CNNのホストであるクリス・クオモ氏は、トランスジェンダーのトイレに関する論争について仰天のコメントをした。

*CNNは、「クリントン・ニュース・ネットワーク」と言われるように反トランプである。


2月24日(金曜日)、Hannity.comより2017 @ 12pmより



木曜日、CNNのケーブルニュースの内容は次のとおり。


アンカーであるクモオ氏は

クモオ「もし、あなたの子供が女の子だったら、吸うっていう?彼らは他と違うということを受け入れようっていって。そのことはとても幸運なことだ。」

 視聴者「ペニスをトイレで見たくない12歳の女の子になんていえばいいのか?」

と不快感を感じるかもしれないことを心配するお父さんに、

「彼女は、問題児か過保護か、偏狭なお父さんのせいかもしれない。寛容さを教えて

と答えた。

その他にも、要約すると、クモオ氏は、男性性器をあらわにされることに不快感を感じるかもしれない12歳の少女は、貧しい子育ての産物であるという考えだった。


こういうことがトランプ氏が勝利した理由だ。

左翼は、狂気に下り続ける。

平均的なアメリカ人は、高い医療費と停滞した賃金を心配しているにも関わらず、彼らは、どのトイレを誰が使用できるか、誰が使用できないのかについて議論しているのだ。

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。