民主党会館でトランプに抗議するため白い服を着て議会でKKKに変身した

民主党は、議会施政方針演説の間、トランプ氏を罠にかけようとした。

そのバカげた行為は、逆効果となった。

民主党の女性議員達は、白い服を身にまとい、

「女性の権利を守る約束を示せ」

とパフォーマンスをした。

白色は、女性の投票権のために戦った婦人参政権運動の時、身にまとった色だった。

演説の前に、民主党党首ナンシー・ペロシは、トランプ氏を困らせるため民主党は、安っぽい妨害を

「とても威厳があります」と断言した。

恐らくこれは、プッシーハットやタンポンイヤリングをつける予定ではないこと意味してる。

(*1月のトランプ氏への抗議の「女性の行進」時、デモに参加した女性達が、プッシーハットをかぶり、タンポンのイヤリングを付けていた)

彼女たちは、自分たちに屈辱を与えることによって、デモを完全に屈辱的なものにした。


しかし、全員白色のファッションは、かつて白人至上主義者KKKのメンバーとして馬鹿にされた民主党員達のおかしな習慣であることを示している。

一方トランプ氏は、3月1日、STEM(科学、技術、工学、数学)における女性のキャリアを促進する2つの法律に署名した。

オリジナルページはこちら↓↓

民主党のルーツはこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。