ドイツ発:バイカークラブがイスラム教徒を襲撃

ヨーロッパは、混沌としている。

昨年、ドイツ首相メルケルは、100万人以上のイスラム教徒難民を受け入れ許可した。

これらの難民の多くは、若く教養のない男性であり、スキルもなくドイツ語を理解せず、同化する気もない。

これらの新しく入ってきたイスラム教徒の難民たちによる、テロや性的暴力がヨーロッパ全体でより広まり、多くのドイツ人は、これらの難民を受け入れたことを後悔している。


現在、ドイツのバイカークラブがドイツの街を走り、イスラム教徒難民を襲撃しているとう報告が複数寄せられた。


パキスタン人の2人の男性は、20人のドイツ人バイカーグループに襲撃を受けて入院した。


ドイツのケルンの新聞、エクスプレスによると、ロッカーの大きなグループとフーリガンギャングは、現在、ケルンのダウンタウンやほかのドイツの都市で、外国人の「マンハッタン」を始めるためフェースブックを通して組織化している。


今年、イスラム教徒の亡命希望者から性的暴力を受けたというドイツ人女性の約1000人から刑事告発があった。

多くの女性が犯罪を申告していなので、実際の数ははるかに多いと考えられている。

バイカー達は、「イスラム教徒難民を生きた地獄にうちのめす」ことによってドイツ人女性の名誉を守っていると言っている。


これらの亡命希望者による犯罪発生率の上昇は、メルケル氏の難民への開放政策をドイツでの緊迫した議論を促す原因となっている。

現在、これらの難民を歓迎した多くの「思いやり」のある”リベラルなヨーロッパ人たちは、必然的に彼らの決定を後悔している。


多くのヨーロッパ人にとって、スキンがほとんどない100万人以上のイスラム教徒難民を受け入れることは、言葉の理解が大きな問題となることは明らかだった。

しかし、リベラルであるメルケル首相は自国が「思いやりのある」ことをし、これらの人々を歓迎すべきだという決定を下した。


今や、ヨーロッパ全体で、市民の不安や暴力が増えている。

「おもいやりのあるリベラル主義」の結果だ


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。