民主党上院議員シュメル氏とプーチン仲良くドーナツを食べていた。

この写真は本物だ。

この写真は非難されなかった。

なぜかというと、世界中の様々な国と、話し合い、祝い、その関係を構築することは重要であるし、それが政治の本質であるからだ。

ジェフセッション司法長官や元国家安全保障補佐官マイケル・フリン氏などトランプ行政の両方とも、実際会話した為にありもしない嫌疑をかけられ、主流メディアや左派の政治家から激しい非難を浴びせられている。


上記の写真は、2003年にロシアのプーチン大統領が、ロシアの民間最大のエネルギー会社ルーコイル社の最初のニューヨークのガソリンスタンドを訪れ、民主党上院議員チャールズ・シュメル氏とクリスピー・クリーム・ドーナツとコーヒーを楽しんでいる姿が撮影されたものだ。


ロシアと話しているとかいないとか、トランプ行政関係者への主流メディアとリベラルのヒステリーは終結させる必要がある。

現在、アメリカは軌道に乗りはじめているところだからだ。


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。