カリフォルニア州、バークレーの集会で、左翼テロリストがトランプ・サポーターを攻撃

これらの左翼テロリストたちは、老人の顔にコショースプレーをまき散らした。

3月4日、「3月4日のトランプ」で集まったトランプサポーターは、言論の自由を憎むカリフォルニア州、バークレーで「By Any Means Necessary(何としてでも)」のメンバーである沢山の左翼テロリストによって激しく暴行を受け、コショウ・スプレーの攻撃を受けた。


彼らの中心人物である左翼テロリストグループのリーダーの一人、Yvette Felarcaは、昨年、サクラメントでの極右の集会でも暴行を扇動し逮捕されていた。

同グループは、先月、バークレー校での暴動を組織化を支援していた。


バークレー警察は、デモの前に両イベントの主催者と連絡を取っていた。

先月の暴行の繰り返しを恐れ、「各部署は、いくつかの異なる偶発的な事件に備えている」とアンドリュー・フランケル軍曹は、NBCベイエリアニュースに発表していた。

ビデオによると、彼らが介入するために ひどく時間がかかったことがわかる。

その可能性は、共産主義の市長からの命令か女性の警察署長からの別々命令を受けていることである。



左翼テロリストは、「言論の自由」と読み言葉を燃やした

彼らは、アメリカの旗を「この国はむかつく」と燃やした

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。