ウィキリークスが警告した18の事

BY MILO


3月7日ウイキリークスは、「過去最大のCIAの機密文書の公表」とリリースした。データを自分で検索することは非常に困難な場合もあるので、最も重要な情報のリストを集めてみた。


1.CIAは、外国の情報機関に所属して、マルウエア(破壊工作ソフト)を他人になりすましコンピューターにアクセスできる。


2.CIAは、彼ら自身が使用するため、ロシア連邦からマルウェアをハッキングしている。


3.CIAは米国民を含むすべての人をハッキングしている。


4.すべてのマイクとウェブカメラはリモートコントロール可能である。


5.CIAのセキュリティー上の弱点は、内部的に漏洩しており、無許可の人々が事実上何かにアクセスするために使用することができる。


6.CIAのマルウェアは、iPhone、Android、Windows Phone、さらにスマートTVにまで侵入できる。


7.フランクフルトの米国領事館は隠れたCIAのハッカー基地である。


8.CIAは、CD、DVD、フラッシュドライブなどに感染するエアギャップジャンプウイルスを作成した。


9.CIAは、特定のウイルス対策プログラムを避けたマルウェアを作成した。


10. CIAは「検知できない暗殺」のために車をハックすることができる。


11. CIAのマルウェアは、あなたのmacOSとWindowsコンピュータに侵入させることができる。


12.CIAのマルウェアは、暗号化されたアプリを送信する前にスマートフォンに侵入して、暗号化されたアプリのメッセージを読むことができる。


13. CIAマルウェアは、Linuxやルーターに侵入できる。


14. CIAは重大な脆弱性を明らかにすると思われたが、その代わりに彼ら自身の使用のため蓄積させてる。


15.一般的なテキストエディタであるNotepad ++には、DLL乗っ取りがある。


16. CIAはInternet Explorerからパスワードを盗み出した


17. CIAはWindowsのユーザーアカウント制御できる。


18. CIAは、Android携帯電話の周辺のWiFiネットワークでバルク・スパイを作るAndroidのマルウェアをもっている。



海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。