ウィキリークスがオバマが盗聴した15人の犠牲者を公表

主流メディアと反トランプの人達は、「オバマ大統領は、2016年の大統領選でドナルド・トランプ大統領を盗聴してた」という意見に反論している。

トランプ大統領は、週末にこのことについてツイッターでつぶやき始めた。

しかし、オバマ前大統領が、トランプ大統領を選挙キャンペーンの間盗聴していたのではないかということについての根拠を明確にしなければならない。

下記の歴史がその根拠の一つになるだろう。

トランプの主張がフェイクだと思うなら、もう一度ど考えてみてください。


=======================


2月23日に発表されたウィーキリクスによるオバマ政権の盗聴のリストは次の通りである。


*米国国家安全保障局が内輪の気候変動戦略会議のベルリンにて盗聴。

  1.国連事務総長潘基文 と 2.ドイツのメルケル首相


*オバマが長期的にターゲットにし盗聴

  3.国連難民高等弁務官(UNHCR)のチーフ・スタッフのスイスの電話


*オバマが長期的にターゲットにし盗聴

  4.世界貿易機関(WTO)の規則部門のデレクター ヨハン・ヒューメン氏のスイスの携帯電話


*オバマは機密情報を盗んだ

  5.イタリアの外交電報

    (イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相がイタリアのシルヴィオ・ベルルスコーニ首相にオバマ米大統領との関係修復の要請の方法の詳細の電報。オバマ氏は、ネタニヤフを話すことを拒否していたため。)


*オバマは盗聴していた

   6.EUのトップ と 7日本の通産大臣がWHOのドーハ会議で秘密戦略と米国の”強要”を止めるためのレッドラインについて議論した。(その後、会談は決裂した)


*オバマが明白に長期的にターゲットに盗聴


   8.5人のその他のEU経当局のトップ (フランス人、オースラリア人、ベルギー人を含む)電話


   9・ NATOのイタリア大使


   10・ そのほかのイタリア当局のトップ


*オバマは、重要な内輪の会議を盗聴

  11. フランス大統領 二コラ・サルコジ、メルケル、べルルスコーニ

     (メルケルとベルルスコーニが、イタリアの銀行システムは、「コルクの栓ようにポン」と準備ができている語った。)


=======================


上のリストに加え、オバマの盗聴は、オバマ政権を引き立てることをしない情報をリポートした米国の色々な個人を盗聴していたことへ、現在私達は知っている。

オバマ司法省が、2013年にジャーナリストをターゲットにしていたことは広く知られている。


2013年にリベラルのワシントン・ポストが、意外にも事実の非道行為を報道した。


12.司法省は、内部告発の捜査としてFOXニュースのリポーターの情報収集の行動を調査した


 FOXニュースのリポーターのジェームス・ローゼンと彼の家族は、ジャーナリストへの官僚の匿名のリーク情報の捜査対象の一部だった。

ローゼンは、起訴されなかったが、彼の動きと行動は、尾行されてた。



13.2013年 AP通信のメンバーは、監視対象となった。

超リベラルなニューヨーカーでさえ、「穏やかでリベラルなつながりは、少なくとも電話記録スキャンダルであり、なぜなら、一部、親愛なる古手のAP通信社のメンバー含まれるし、独裁者という不安を新たにおこし、オバマの評判に最も深刻な脅威を示すかもしれないからだ。」


14.2014年にリポーター・シャーリン・アッカソンがオバマ政権に媚びないベンガジについての話を送り始めた後、彼女のパソコンとCBSのラップトップがハッキングされたと語った。


ニューヨークポストの記事によると、彼女のラップトップをチェックした人は、「政府機関の所有」のスパイウェアが使用されていたと語った。

=======================


15.ウィキリークスは、オバマ政権がジャーナリストを騙したと夜間につぶやいた。

 下記のツイートの内容は、次のとおり。

 「オバマがドナルドトランプの選挙キャンペーンを監視してたか? オバマ政権がジャーナリストを監視している証拠はこれだ。」


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。