ジョン・マカフィ、ロシアのサイバー攻撃について語る

ラリー・キングショーにて。


ラリー・キングは、2016年の選挙をハッキングしたと言われているロシアの役割を概説したFBIの報告書の発表に続いて、テクノロジーの先駆者であるジョン・マカフィーと話をして、サイバーセキュリティの現在の状態について話を聞いた。


マカフィーはサイバーセキュリティを知らないわけではない。

最初の商用アンチウィルスプログラムの開発者として、彼は過去50年間、業界のメジャープレーヤーだった。また、MGTキャピタル・インベストメンツのCEOであり、自由党の元大統領候補でもある。


J・マカフィ氏は、自分の経験にもとづいて、ロシア人が民主党、ジョン・ボスタの電子メール、ヒラリー・クリントン大統領の後ろにいるとは考えていない。


彼は、

もし、それがロシア人のように見えたら、それは、私は、あなたがロシア人でないと保証できる」


「もし私が中国政府の人間で、ロシアからの攻撃のように見せかけたかったならば、コードの中ではロシア語を使用し、機関に侵入する際にはロシアの技術を使うだろう。どのような攻撃に対しても簡単にソースを特定するすべはない。」

と語った。


FBIの共同分析報告書には、「ロシアの民間人や軍事情報サービスによって使用されていたと思われる数百のIPアドレスがリストアップされている」という付録が掲載されている。


このことについても、

「これらのIPアドレスの一部はロシアからのものだが、ハッカーが常に自分の位置を偽装したことを意味する。」

と語った。





海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。