メディアが拒否したトランプ大統領の成果のリスト

彼の大統領選挙の数週間後、ドナルド・トランプは目覚しい数の公約を達成しました。

主流メディアとハリウッドは彼をたたいて忙しそうにしていたが、トランプは彼の仕事で再びアメリカにしてしまった。

彼は何を達成したか?

ホワイトハウスでの彼の主な成果のリストは次の通りです。


=======================


・雇用創出の出動:

 大統領はワシントン(政府)に取り残されたアメリカ人労働者に気を配ってる。

 太平洋横断パートナーシップ交渉と合意を撤回するように米国に命じた大統領覚書に署名


・インテルのCEOを迎えて、1万人のアメリカ人の仕事を生み出す米国の工場に70億ドルを投資するIntelの計画を発表


・キーストンXL パイプラインの建設に向けたロードブロッキングを解消する大統領覚書を締結し、ダコタアクセスパイプラインが国益に貢献し、建設を完了するためのプロセスを開始することを宣言する大統領覚書に署名


・すべての新しいパイプラインの建設および修理作業に米国の資機材を使用することを命じる大統領覚書に署名をした。


・煩雑なストリーム保護規則が石炭産業にさらに悪影響を与えないようにするための合意された法案、House Joint Resolution 38に署名


・国内採掘企業とその従業員を不公平で不利益にする恐れのある犠牲の多い規制を廃止するための法案、House Joint Resolution 41に署名


・納税者が収めたお金の節約:

トランプ大統領は、アメリカ人の苦労した税金を救うために戦っている。


・アメリカ製のF-35戦闘機の新しいバッチに7億ドルを節約した


・ボーイングの次世代エア・フォース1のコストを、オバマ政権が合意した数百万ドルを下回った


・国民の安全の回復:大統領トランプは、犯罪の脅威や違法移民の国民の安全への脅威を減らすために活動している。


・南国境の壁を建設するなど、米国の安全と安全を強化するための大統領令に署名した。


・連邦移民法が全国的に忠実に実施されていること、およびアメリカ人の税金が移民法の施行を妨げる管轄区域に行かないことを確認するため大統領令に署名


・弁護士が法執行官に対して犯罪に関与する人々をより効果的に訴追するための戦略を策定するよう指示する大統領令に署名


・新しい司法長官が率いるタスクフォースを結成し、犯罪を減らし、アメリカのコミュニティの公共の安全を回復させるための大統領令に署名


・薬物カルテルなどの国境を越えた犯罪組織の解体に連邦政府のエネルギーと資源を再集中する大統領令に署名


・政府が妨げないこと:

トランプ大統領は、過度の規制が雇用創出を妨げ、ビジネスに害を及ぼすことを理解している。


・既存の2つの規制を廃止し、新しい連邦規則ごとに医療費負担適正化法の”負担を最小限に抑えるよう”連邦政府機関に指示する大統領令に署名した。


・連邦政府が国内生産のためのプロセスを合理化し、国内メーカーの規制負担を軽減するように商務省に指示した


・国内インフラ事業の環境確認と承認プロセスを迅速化する大統領令に署名


・アメリカ・ファーストの外交政策:大統領の最優先事項はアメリカ人の安全と安全である。


・財務省は、イランの弾道ミサイル計画に関与する25団体と個人を認可した


・国防長官に他の内閣のメンバーと協力してISISを打倒させる計画を立てるように指示する大統領覚書に署名


・30人以上の外国の指導者と電話するか会談した。


・問題を解決する:トランプ大統領は、行政当局のすべてのメンバーがアメリカの人々のために働いていることを確実にするために行動を起こしました。


・すべての行政機関の任命者に対し、5年間のロビー活動禁止と外国政府に対するロビー活動を永久に禁止し、任命された人は自分の利益の代わりにアメリカの人々に使えるという倫理的約束を確立する大統領令に署名。


・政府の成長を止める連邦政府の民間職員の採用凍結を導入。


・憲法を守るために彼の約束を守る:

トランプ大統領は、アントニン・スカリアの法廷後期司法長官の最高裁判決を約束した。


・一貫した憲法擁護である実績によりニール・M・ゴーサッチ判事を最高裁判所を指名した。


・女性がビジネスに成功するのを助ける:

トランプ大統領は、すべてのアメリカ人が繁栄する機会がない限り、その国の本来の能力を発揮できないことを知っている。


・米国カナダ女性起業家評議会(Business Council)を立ち上げた


・トランプ大統領は、過去30日間を約束し、アメリカ人を支援してきた。


彼はさらなる多くの成功に満ちた数ヶ月と行動を起こす数年を楽しみにしている。



元記事はこちら↓↓↓


海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。