驚愕! トランプ大統領就任後、米国債務600億ドル以上減少

by Jim Hoft   Mar 10th


トランプ就任以来、米国債務は、600億ドル以上減少した。

1月20日、トランプ大統領就任の日の米国債務は19兆9400億ドルにも達していた。

大統領就任後の1ヵ月後の3月8日、米国債務残高は19兆8,700億ドルに減少した。

就任してから、トランプ氏は、米債務負担を680億ドル、0.3%削減させた。

オバマ大統領と比較すると、大統領就任後から2009年3月8日、米国の債務負担は3,020億ドル以上増加した。

オバマ氏はこの期間に米国債務を3.1%増加させ、米国の税金の何ドルも無駄もあり,

最大の失敗と大きくみなされいている「景気刺激策」議案に署名した。

オバマ氏の就任の最初の年の 1.4兆億ドルの年の赤字は、失敗した「景気刺激策」はオバマ氏の最初の年の後半まで効力がなかった。

オバマ大統領は、大統領時代に全体的に米国債務を倍増させ、過去最高の赤字と大統領による最大の負債増を記録した。

トランプ大統領就任1カ月後、米国債務は120億ドル減少し、さらに現在は680億ドルの減少となっている。

トランプ氏が大統領になり、株式市場は上がり、雇用は増え、給料は増えており、負債は減っている...

 


元記事はこちら↓↓↓


海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。