J・セッション氏は、全てのオバマ政権の米連邦検事の辞任を要求!

3月10日金曜日、ジェフセッションズ司法長官は、オバマ大統領から任命された数十人の米連邦検事に、辞表を提出するよう要求したと発表した。


通常、米連邦検事は新政権の始まりに交代する。


法務省(DOJ)によると、93人の米連邦検事のうち、46人が前政権の行政府から残っている。


DOJの広報担当者、サラ・イージュール・フローレス氏は、連邦検察当局が「統一移行を確実にするために」辞任するよう求める声明を発表した。


また、DOJは、移行プロセスが円滑なものになると約束した。


「新しい米連邦検事が確定されるまで、米国検事庁の専任の検察官は、最も凶暴な犯罪者を調査し、起訴して、阻止する際に部門の素晴らしい仕事を継続する」

とDOJ声明は述べている。


金曜日の午後に発表されたこの発表は、オバマ政権の前任者がトランプホワイトハウスに対して積極的に取り組んでいるかどうかについての大統領の懸念をさらに反映している。



海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。