日本同様、米国「左翼メディアの陰謀」の深刻さ

リポーター、シャーリル・アトキッソンは、オバマ独裁政治の深刻さを明らかにした。かつて民主党によって激しく嘲笑された「左翼メディアの陰謀」は明らかに真実である。


ベンガジでオバマとヒラリーの失敗の話を厳しく追及した元CBSリポーターは、彼女の仕事である新しい本Stonewalledの中でこのことを主張した。


すると、ワシントン・ポストを通して、「政府機関の所有」と思われるスパイウェアの未知の組織ににハッキングされた。


2012年10月3日に、アトキッソン氏は、彼女の本の中で、コンピュータが単語や全ページの自己削除を開始したと主張する。


アトキッソン氏は、ベンザイに関する彼女の報告のためだと考えている。

オバマ政権のストーリーと葛藤したリポートがすべての理由だと。


計画的で組織的な攻撃は、実際、曖昧なYouTubeのビデオ上ではなく、即座に起こっていたことを報告している。


アトキンソン氏は自分自身のことをを「政治的に無関心」と呼んでいるが、CBSと他の主流のメディアは、左翼思想を推進するために共謀していると結論づけている。


これには2つの理由がある:


(1)圧倒的に民主党員であるジャーナリストは、個人的に支持する法案、提案、またはオバマ政権の政策に否定的な書き込みをしばしば断る。


(2)ネットワークや企業は、企業のスポンサーを怒らせたくない。


「私は、報道の自由に対する厳しい取り締まりを今まで見たことがないし、誰かが立ち上がってこのこと言い、話すことが重要だと思う」

とアトキッソン氏は語った。


Stonwalledは、アトキッソン氏が、ローラ・イングラハムのラジオ番組「極右」に出演してどれほどCBSの上司から叱責をうけたか、”左翼バイアスの現実”という一つの目立つ章を反転表示させていた。


彼女がそのショーに出演した後まもなく、Salonのような左翼放送等は、彼女のジャーナリズムを批判し始めた。


オバマは2017年初頭に退任して以来、リベラル・メディアは、オバマが「スキャンダルのない」大統領を務めたという虚偽の話を促進してきた。


アトキッソン氏は、このことがどれほど大きい嘘なのか明らかにした。


ベンガジの反逆から壊滅的な「Fast and Furious」の銃の密輸入スキャンダルまで、オバマの2期の任期は、実際には、非常にスキャンダルまみれだった。


より多くのアメリカ人がこれらの不名誉な行為を知らない唯一の理由は、民主党のためにリベラルなメディアが積極的な嘘をついているからだ。


アトキッソン氏、ドナルド・トランプ大統領、、ウイキリークスのおかげで、我々らは、現在、ますます主流メディアの二枚舌について学んでいる。


より重要なことは、最近、リリースされた「Vault 7」の漏洩は、オバマ政権のもとCIAとFBIが米国民にスパイをし、「静かな」暗殺を行うために車をハッキングすることを考えていたことを根本的に示している。


民主党が愛するロシアのハッキングの話は、米国政府がコンピュータやスマートフォンをハッキングし、ロシアのハッカーという間違った身元を持っているスマートフォンが存在している。


ありがたいことに、アトキッソン氏や彼女のような人たちは、そのような話を聞かずに葬られているわけではない。


FOXニュースはこちら↓↓↓

元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。