ジェイコブ・ロスチャイルド卿が、(NWO)新世界秩序が崩れていると認める

March 11, 2017 by Sean Adl-Tabatabai in News, US


 ジェイコブ・ロスチャイルド卿が、先月の爆弾記事で、新世界秩序への願いは、計画通りに進んでいないと認めている。


2016年末のRIT・キャピタル・パートナーズの報告書によると、同社の短期間の利益があったにも関わらず、長期間の金融不安がロスチャイルド帝国とこれにより地球全体に迫っている。


ロスチャイルドは、株主に次のように警告した:


「大変動と不確実なこの時代では、リスクを回避することが利益の追求と同じくらい位プライオリティが高い時代がくるかもしれない。」


Thefreethoughtproject.comの報告によると、


過去5年間のファンドが10億ユーロ以上の利益があったとしても、「期間」という言葉を選んだこの投資銀行家は、収益性で来るべき下降を示唆しているようだ。。

Reveals の報告書によると、「ロスチャイルドと彼の強力な一族は、彼らの資産を保存する時、既得権をもっている。


RITキャピタル・パートナーズは、ロンドン証券取引所に上場している投資会社である。

その純資産は、1988年の上場時に£2億8000万から、現在、£27億以上に増大した。

RITは、ロスチャイルド・ファミリーの利益の実権を握っているロスチャイルド卿が会長を務めている」と明らかにした。


そのファンドは誰のものか?


もし、その価値は史上最高であるファンドが、突然減少したとしたら、ロスチャイルド家が持っている富の大部分である。

しかし、伝えられるところでは、世界の富の多くをコントロールして、連邦準備制度をはじめとする世界の銀行機関のほぼすべてが手中にあるロスチャイルド家にとっての驚きとして、そのような減少は、ほとんど来ないと何人かが述べている。


その会長の声明は、将来の不吉な不透明な見解であると言えるかもしれない。


「第二次世界大戦以来、現在脅かされている丹念につくられた国際協力の70年あまりを楽しんだ。」

と明らかにBrexitと欧州連合(EU)からの撤退のための英国の国民投票に言及している。


「この深刻な心配な地政学的状況に対して」と彼はシリアの戦争が続くならば、第三次世界大戦の可能性を浮き彫りに見えるよう書いた。


「1つは、いくつかのポジティブな投資要因を示していることができる。」


現在の米国大統領によって作られる沢山の声明に反響し、ロスチャイルド卿は、減税を企業が期待できると述べた。

同氏は、「米国では、企業や個人の税制減税案は、彼のファンドのポートフォリオに有益な政策変更だった」と述べた。


規制緩和のトランプ大統領の断固とした提唱は「過度に管理されたシステムの改革」、同様にアメリカの弱点である輸送インフラ整備に急激な支出であることもロスチャイルドは喜んでいる。


しかしながら、トランプの提唱は、

「労働市場が完全雇用に近づいた時、財政およびインフラ支出の増大は、景気循環の終わり時がくる」

将来予想されるインフラ支出において、すぐに収益の見通しがたたないことを意味する。


銀行業務とフィナンシャル業であるこの男爵も 会社ごとに最終的な収益に影響を及ぼす要因である「過去数か月間わたる4%賃金の値上げ」に嘆いているように見える。


彼もまたファンドのポートフォリオの観点から金利の上昇の影響を受けるとも述べた。


「評価は、歴史の範囲の上限であり、インフレとこれらの状況はもどっている。アメリカの金利は意味ありげに上がりそうである。」

と彼は言った。


そして、その男の一族のつながりと金融商品のパートナーが連邦準備制度をコントロールしていると言われていることを彼は知っておくべきである。

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。