米議会は、『ジョージソロスを徹底的に調査』開始

ワシントン発:

世界的に悪名高い左翼億万長者ジョージ・ソロス氏は、東ヨーロッパで左翼体制を導入する企てをはじめとしたグローバルな左翼勢力への不法な資金提供において、米国の血税を使ったとして、議会が「徹底的な調査」をすることを発表した。


ジョージ・ソロス氏が外国での左翼思想を煽り支えるため、彼の”オープン・ソサエティ財団”に何百万ドルもの米国民の血税が、バラク・オバマ前大統領によって助成金が許可され支払われたことが明らかになり、調査が開始された。


この助成金は、「非偏向、非党派」という方向で使われていると考えられていた。


しかしながら、オープンソサエティ財団が、この法律を守っているということを議会に明らかにできなかった為、調査が開始された。


議会の調査は、、ソロスが、彼らの伝統文化を破壊する企ての中心であること懸念し、各国で支持を得ている「ストップ・ソロスの工作」のムーブメントの反ソロスデモがヨーロッパ中に広まり続けていることから始まった。


ジョージ・ソロス代表は、長い間、欧州政治に干渉していると非難されており、現在、アメリカの議員は、小規模で保守的なマケドニアという国で、米国の税金が彼のリベラル活動の一部を資金援助しようとしていると報告している。


7人の議員は、バラク・オバマが任命したマケドニア大使ジェス・ベリエ氏がマケドニアの米国国際開発庁(USAID)プロジェクトの主要実行者としてソロスのオープン・ソサエティ財団を選んだ理由を求めている。


立法府の議員は、7人の議員は、次のとおりである。

クリストファー・スミス下院議員(共和党-ニュージャージー)

Randy Hultgren下院議員(共和党-イリノイ)

Robert Aderholt下院議員(共和党-アラバマ)

Louie Gohmert下院議員(共和党テキサス議員、

Robert Pittenger下院議員(共和党ノースキャロライナ)

RN.C Jeff Fortenberry (共和党、ネブラスカ)

Trent Franks(共和党、アリゾナ)


スミス議員が、

「過去数年間、マケドニアへの米国ミッションが、頻繁に、ある政治思想に賛同する政党と、メディア環境と市民社会の形成に積極的に介入しているという信頼できる報告を受けている。」

と書いた。


国務省は、

「競争的調達プロセス」を通じて助成金が授与されたことを別の手紙で説明して応えた。この手紙はまた、ミッションが米国の利益を「非偏向、非党派、客観的かつ透明な方法で進めるように働いている」

と述べた。


国務省の漠然とした返答は、議会議員に政府説明責任局と総括監察官に十分な調査を求めることを促した。


CBN Newsはゴーマート議員と話し、マケドニアの議員との最近の会談について彼に尋ねた。

「他国の指導者に言わせれば、『あなたの政府は彼らが私たちを助けてくれると言っているが、同性結婚の法律を可決しなければならない、また、妊娠中絶の資金を出さなくてはならないと強制する』ことは、米国がもはや国家に宗教的信念を放棄させようとしているということだ」

とゴーマート氏は述べた。


保守的な監視グループであるJudicial Watchも、独自の調査を行っている


彼らの記者発表では、 2012年以降マケドニアでおよそ500万ドルを左翼ソロス・グループに割り当てているUSAID(米国国際開発庁)のようないくつかの重要なデータをリストアップした。

Judicial Watchはまた、米国とマケドニアの様々な情報源から得られた暫定数字が不完全であるように見えるため、USAID(米国国際開発庁)への公的記録を要求をした。


Judicial Watchは、保守政権を打倒するため、ソロスのオープンソサエティ財団がマケドニアのリベラルの民間組織(NGO)に資金援助を行っている状況をさらに詳しく説明している。


あるマケドニアの官僚は、「ソロス歩兵連隊」と呼んでいるとJudicial Watchにいった。


ソロスはハンガリー生まれのアメリカ人で、世界で最も裕福な男性の一人である。彼は開いた国境、同性結婚、中絶、その他の自由主義に対するゆるぎない支持で知られている。


彼の名前にリンクされている組織は、A Day Without A Woman(女性なしの日)、最近のバークリー暴動、Black Lives Matterなどの事件をサポートすることが知られている。

ソロスはまた、ヒラリークリントン大統領の2016大統領選挙への主要な貢献者である。


調査の場合と同様に、このケースの真相を究明することは数年かかる可能性があり、Judicial Watchは「アメリカ人は答えを受け取る可能性は低い」と考えている。


そのことは事実かもしれないが、監視グループと議員たちは重要な疑問を提起している段階である。

米国の税金は他の国でどのように使われているのか?、誰が実行に移したか?

元記事はこちら↓↓↓


海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。