オクラホマ州の生徒に毎日「忠誠の誓い」を復唱することを義務とする法案が下院通過

OKLAHOMA CITY(KOKH) -

オクラホマ州の学生が毎日「忠誠の誓い」を復唱するよう要求している法案が、下院を通過した。


テリー・オドネル国家議員が作成したHB 2277では、オクラホマ州の学生は今週1回必要とされる代わりに、日に一度「忠誠の誓い」を復唱することを義務づける。


この法律は、連邦法に従って「参加したくない」学生のための認可および免除もしている。


オドネル氏は、「忠誠の誓い」を暗唱することは、アメリカを偉大なものにしてきた忠誠心、献身、勇気を彼に思い起こさせると述べた。


「国中で続いている誇張された政治的レトリック、デモ、抗議行動などのすべてが全米で起こっているため、我々の学童たちは、現在の混乱がアメリカでは普通ではないということを理解する必要があります。”忠誠の誓い”は、学童たちが決して忘れてはならない全てのアメリカ人の結束と共通の価値観の象徴であります」

とオドネル氏は語った。


法案は93-1の投票でオクラホマハウスを通過した。

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。