トランプ大統領の新入国禁止令の妨害はやはり彼かもしれない

トランプ大統領の新入国禁止令は、バラク・オバマ氏の電撃訪問後、48時間も立たないうちに、ハワイの連邦裁判官によって妨害された。


Infowars.com のレポートより:

トランプ氏のイスラム圏の6ヶ国の個人の入国禁止が昨日実施される用意が整っていた数時間前に、ホノルルで議長を務めるデリック・ワトソン米連邦地裁判事は、入国禁止令を妨害する彼の理由の一部として、大統領選の期間中のイスラム教徒についてのトランプ氏のコメントを引用し、その方針を中止させた。


ワトソン氏は、オバマ氏と同じ年にハーバード・ロースクールを卒業した後、2012年11月にオバマ氏によって指名された。

==================


The Honolulu Starが報じたように、オバマ氏は、大統領としての最後の公式の休暇訪問のわずか3カ月後に、シークレットサービスの選抜部隊を含めた小さな取り巻きと一緒に「月曜日に突然ハワイに再度」到着した。


イーグル・アイ・レッド・ユーザーは、オバマ氏は裁判所からわずか数分のところにあるノイ・タイ・レストランで夕食を取っており、オバマ氏は「裁判官の家から車で5分以内のところいる可能性が高い」と述べた。


PopSugarは、オバマ氏がゴルフをしたと報告したが、技術指導者と会うために「いまだ、仕事を引き受けるために時間を作った」ということは「政治への彼の復帰は私たちが考えるよりも早いかもしれない。」


オバマ氏が裁判官を任命し、同年卒業してホノルルを訪問し、ワトソン裁判官がトランプの旅行禁止を阻止する大統領判決を下すまで48時間以内に、2人が会うことができたとほのめかす過激な陰謀理論家でなくても明らかだ。


*MiloのFBの動画によると、ワトソン氏は、イスラム教徒であると発言している。


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。