ジョージ・ソロスは、投票年齢を16歳に引き下げるために資金を投入

ジョージ・ソロス氏は、絶望的な民主党に投票してくれる新しい層を緊急に見つけ、米国の投票年齢を18歳から16歳に引き下げる策略のために数百万ドル投資している。


米国史の全体を通してずっと、未成年者が投票することは違法だったという事実を無視して、ソロスと彼の仲間は、16歳は「知的に投票する準備ができている」と主張し、国中の議員に法律に新しい法案を書き込むよう「説得する」ことに数百万ドル投資した。


Yougov/サセックス大学の新しい世論調査によると、トランプ大統領は、民主党や主流メディアより高い支持率があり、大統領選の対抗馬のヒラリー・クリントン氏よりさらに非常により高い支持率があるということが明らかになり、民主党は、「選挙での敗北後」の新しい支持率に対処することに苦労していると報道された。


現在、民主党は、将来、選挙の勝ち目を上げるために、新しい市場に参入する必要があると判断した。


違法移民の投票を促しても、前回の選挙では民主党議員の数は十分に増えなかった。今やジョージ・ソロスの支持を得て民主党が子供を追いかけている。


=======================


カリフォルニア州では、民主党の議員が今週、有権者投票率のスライドを逆転させるという名目で、カリフォルニア州全体で、さらに敷居を低くくし、18歳未満に選挙権をあたえるという国の最年少投票年齢を設定した画期的な法案、ACA 10を導入した。


「若者は、我々の未来です」

と、若者に選挙権を与えたい民主党の議会メンバー・エヴァン・ローは述べた。


「投票年齢を下げることは、彼らに民主主義のプロセスに対する発言権を与えて、投票をする生涯の習慣をしみ込ませるのを助けます。」

と付け加えた。


=======================


ワシントン・ポストは、次のように報告した。


この提案は、民主党が伝統的に若者が年長者より安易に賛同し、さらにリベラルとなる若い有権者を囲い込むことをみつけ、18歳の選挙年齢を少しずつ引き下げることは、多くの取り組みの中で一番野心的な提案である。


=======================


ジョージソロスの力は働いている。


彼のオープンソサエティ財団は、「FairVote(公正な選挙)」のバックにいる左翼慈善団体の一つである。


「FairVote(公正な選挙)」は、現在21の州とコロンビア特別区に関する政策である未成年者が大統領予備選挙と党大会での投票ができるよう推し進めた。


また、人気を得ているのは事前登録である。


州議会の全国会議によると、18歳になる前に16歳から17歳、10ヶ月の未成年者が投票に登録することができる。


カリフォルニア州のアレックス・パディラ国務長官は、ロサンゼルスのジョン・F・ケネディ高校で、16歳と17歳の州のオンライン事前登録制度を発表し、YVoteのプログラムディレクターが参加した。


=======================


事前登録を主張していたグループにはジョージ・ソロスのコネクションもある。


YVoteとは、オープン・ソサエティを含む左翼の慈善事業によって資金提供されている司法基金を通じて寄付を受けているMovement Strategy Centerのプロジェクトである。


1月には、カリフォルニア州バークレーの有権者が、教育委員会選挙の投票年齢を16歳に下げることでさらに一歩を踏み出した。


メリーランド州の2つの都市 - タコマパークとヒアツビルは、近年、16歳の市町村を市町村の選挙に参加させた。


提案者たちは、18歳の敷居は不公平で恣意的だと​​主張しているが、投票年齢の引き下げが通路の片側に偏っていることは疑いがなく、正しいことではない。


タフト大学の市民学習・婚約に関する情報・研究センターによれば、11月の時点で、共和党のドナルド・トランプ氏は、18歳~29歳の投票者票のうち37%を獲得し、これは、2012年のミット・ロムニーと同じくらいで、ヒラリー・クリントン氏は55%を獲得した。


カリフォルニア州の数字はさらに偏っていた。


トランプ氏はカリフォルニア州議会選挙の有権者年齢18歳~24歳から18%の支持を得た。


「17歳も民主党に有利だだろう」

とカリフォルニア州のクレアモント・マッケナ・カレッジのジョン・ピットニー・ジュニア教授は述べた。


「それは民主党への投票を膨らませる透明な策だ」

とピットニー氏は語った。


=======================


カリフォルニア州議会議員は、2014年以来、有権者の関与を増やす方法に取り組んでいる。非住民投票年に42.4%が投票し、現代国家史上最も低い投票率になっている。


他の地域では、地方の人種、特に公立学校の投票年齢の引き下げを促す「Vote16」運動によって証明されているように、17はほんの始まりに過ぎない。


「16〜17歳の子供たちは知的に投票する準備が整っているとの調査結果が出ている」

「例えば、平均して16歳は21歳の国民の知識と同じレベルを持っています。」

と"世代の市民のプロジェクトであるVote16USA 述べた。


すべてのリベラルが若い10代の若者に投票権を与えることに賛成するわけではない。

11月に、サンフランシスコで選挙権を16歳に与えるという都市選挙では、有権者の52%によって敗れ、47%が賛成した。


一部の有権者のための問題か?


サンフランシスコの命題Fに対する投票の議論が進むにつれて、「若い有権者は、年上のビジネス志向の市民よりも自由放漫な候補者と話題を支持する傾向が強い」

と考えられたからだ。

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。