民主党議員、政府のサイトをスペイン語に翻訳するために150万ドルの議案を提出

民主党議員、政府のサイトをスペイン語に翻訳するために150万ドルの議案を提出したが、火曜日(3月14日)、共和党代表者が、グーグル翻訳の存在を指摘した後、この議案は却下された。


民主党代表(シカゴ)ロバート・マートウィック議員は、言葉の壁のため、特定の人々が政府のリソース(特にオンライン)から得られる豊富な情報を十分に理解するこが困難だと感じたため政府のウェブサイトをスペイン語に翻訳する議案を提出した。


イリノイ・ニュース・ネットワークのVTRから:


共同スポンサーの1人から出されたソフトウエア関連から発生する概算の請求金額は、150万ドルになる。


民主党マーティウィック氏は、

「私たちの国の国民のなかで能力をもっている人達にとって、もし、彼らが、ここで何が起こっているのかを知るための情報がない場合、どのようにして彼らの声が聞こえるようになるのでしょうか?」

と問題を投げかけた。


それに対し、共和党代表キース・ワイラー氏が答えた。

「私達が、税金を使う必要がある場合は、私たちの国にいる人のすべての国の言語を対象するべきだと思います。この場合は、税金を使うことは正しいことです。」

ITの会社の経営者でもあるワイラー氏は、

「私の同僚であるポーランド人の家族も、行政に参加できなかったです。しかし、友人のマートウィックが話している間、私は、彼の議案をポーランド語に変換しました。だた、クリックしただけで、ポーランド語になっています」

と付け加えた。


さらに、共和党州代表マーク・バティリック氏は、ワイラー氏に賛成した。

「私達には、無料で、全ての言語を翻訳する解決方法があります。なぜ、そのことについて困ることがあるのでしょうか?」

バティリックは、困惑し、いくらか苛立ちながらさらに述べた。

「私は、なぜ、あなたたちが、こんなにすばらしくて、自由で、党派を超える解決策に反対しているのか理解できない」


この議案は、通過しなかったので、最終的に却下された。


海外ニュース翻訳情報局から;

トランプ氏が、ホワイトハウスのホームページからオバマ政権が作ったスペイン語サイトを削除したことを差別だと思っていた人は、この動画を見てみてください。

この答弁のVTRはこちら↓↓↓ 




元記事はこちら↓↓↓



海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。