ロシア議会、「悪意ある嘘」を広めたCNNと他のアメリカのメディアの捜査を開始

ロシアの議会は、ロシア政府が米国選挙に干渉したと非難したCNNと他のアメリカのメディアの報道に対して捜査を命じた。


 Mar 18, 2017 by Tyler Durden 


ロシアの議会は、ロシア政府が米国選挙に干渉したと非難したCNNと他のアメリカのメディアの報道に対して捜査を命じた。


数日前、米国ニューハンプシャー州民主党上院議員ジーン・シャヒーン氏は、司法省に「ロシア・タイムス」による外国代理人登録法違反の容疑の捜査のため、法務省に「新しい権限」を与える法律を導入した。


「とりわけ、誤報を広めて、我々の民主主義のプロセスを徐々に蝕むために、ロシア・タイムスは、ロシア政府に協力しているかどうかにかかわらず、法律が決定することが必要だった。」

とシャヒーンは述べた。


このような声明の本質的な偽善に触れることさえ気ににすることはないが、シャヒーンのウエブサイトにはプレスリリースがある。


============================

そのプレスリリースに書かれたことは次の通りだ


ジーン・シャイーン上院議員は、ロシア・タイムスがロシア政府のプロパガンダの発信元になっているという情報報告に続いて、ロシア・タイムス・アメリカによる外国代理人登録法違反の容疑を捜査する新たな権限を司法省に与える法律を導入した。


「誤報を広め、民主主義のプロセスを徐々にむしばむために、ロシアタイムスニュースがロシア政府と協力していると考えられる正当な理由が我々にはあります」
とシャヒ-ン氏は語った。


「アメリカの国民は、これが本当ならば知る権利があります。

ロシア・タイムスニュースは、ペーパーカンパニーを使って私達の法律を逃れられるということを豪語する声明を公表しました。

まさに、司法省が捜査するべき時です。

私の法案は、ロシア・タイムス・ニュースに関する証拠書類を要求し、誰に責任があるかを知るために必要な権限を与えています。

『最近の米国選挙でのロシアの活動と意図の評価について』と題した最近の国家情報局の報告書では、ロシア・タイムスニュースの関係者が、外国代理人登録法の下で米国報道と開示条件を意図的に回避するため、 ロシアタイムスニュース当局が彼らの系列会社組織を構築したと結論にいたりました。

シャヒーン上院議員の外国人登録制度近代化施行法は、資金提供源と外交関係の文書を作るロシアタイムスアメリカのような組織に対し強制力のある新たな権限を司法省に与える法案であります。」

と述べた。


===========================


それに対し、結局、ロシア当局には、同様に意味のない魔女狩りを開始する権限をもっており、今日、ロシアで現在活動している米国のすべてのメディアについて同様の捜査を開始すると発表した。


ロイター発:


ロシア連邦下院議会国家院(ドゥーマ)は、ロシアで活動する米国メディア協会の捜査を開始する提案を承認したと、金曜日遅くウェブサイトに掲載された声明で述べている。


ドゥーマの情報政策、技術、通信委員会が実施する調査では、CNN、ボイス・オブ・アメリカ、ラジオ・リバティー、その他のアメリカのメディアがロシアの法律を遵守しているかどうかがチェックされる。


金曜日の声明によると、この動きを開始したコンスタンティン・ザトゥン副大統領は、

「ロシアのニュースメディアに米国の内政干渉を組織的に訴えた米国の政治家の行動に対応する」

としている。


シャヒーンの法案は、もちろん、ロシア外務省を含むロシア機関から幅広い批判を受けた。

ロシア外務省のスポークスマンは、

『焼却のために収集すべき書籍のリストを定義する条項を含めるべきだ』

という法案を嘲笑した。


クレムリン・ユナイテッド・ロシア連邦議会議員のMコンスタンチン・ザトゥリン議員は、国営放送局のラジオ・タイムスに対して「弾圧的」な米国の動きに報復するための調査を提案した後、ドゥーマは、金曜日の夕方にこの提案を支持したと記載にあった。


同氏は、

『ロシアタイムスに対する外国人登録法の違反の可能性を調査する権限を司法省に与える法案』を提出したジーン・シャヒーン米上院議員の法案提出権を指していると述べた。


ロシア中の外国メディアは、ロシア外務省によって監視される。


ロシア外務省のスポークスマン、マリア・ザカローヴァ氏は、今週、「上院議員が焼却のための本のリストを作成する条項を含めるべきだと批判し、嘲笑した為」、シャイーン氏に対する報復処置を選んだ。


米国の動きはさらに、ロシアタイムスの編集長であるマルガリータ・シモニャンの怒りをかった。

水曜日、デイリー・イズベスチアに、1950年代ジョゼフ・マッカーシー上院議員が共産主義者と見なした人々を暴くためのキャンペーンを指揮したことを繰り返すことだと語った。


一方で、このことは、金曜日に、トランプ氏の大統領選のキャンペーンに対する調査がロシアとの共謀の証拠を生み出す可能性は低いと民主党トップが認めた。


もちろん、多くの政治家が、良い物語の邪魔になる事実を認めるつもりはない。


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。