ロックフェラー氏死去、ロックフェラー財団(声明)VTRあり

デビット・ロックフェラー、ロックフェラー家当主であり、アメリカの慈善事業と金融の歴史の中で最も影響力のある人物の一人であり、「アメリカ最後の偉大な国際的ビジネス政治家」とされています。2017年3月20日の朝、ニューヨークのポカンティコヒルの自宅で睡眠中、平和の内に亡くなりました。死亡の原因は、うっ血性心不全でした。



pic.twitter.com/YB1Eb7ebYu

(翻訳)

デビット・ロックフェラー、ロックフェラー家当主であり、アメリカの慈善事業と金融の歴史の中で最も影響力のある人物の一人であり、「アメリカ最後の偉大な国際的ビジネス政治家」とされています。2017年3月20日の朝、ニューヨークのポカンティコヒルの自宅で睡眠中、平和の内に亡くなりました。死亡の原因は、うっ血性心不全でした。

デイヴィッド・ロックフェラーは、チェイス・マンハッタン・バンクとその前身を35年以上務め、11年後の1980年に会長兼最高経営責任者(CEO)として退任しました。

この間、ロックフェラー氏は、世界中の法人、政府機関、機関投資家、プライベートバンキングの顧客のために広く模範とされた組織とその社内業務の効果を導き、銀行家の銀行家として評判を得ました。

同時に、彼は、祖父ジョン・D・ロックフェラー(スタンダード石油会社の創始者、今日のエクソンモービルとシェブロンの創始者)と彼の父ジョン・D・ロックフェラージュニア(ロックフェラーセンターの創設者と国の国立公園システムの後援者)が始めた慈善事業の伝統を引き継ぎました。

彼は一生の間、リーダーシップを発揮し、ロックフェラー大学、ハーバード大学、近代美術館、ロックフェラーブラザース基金、外交評議会、アメリカズソサエティなど幅広い機関に約20億ドルを寄付しました。その中に、アメリカ大会評議会、食糧農業省ストーンバーンズセンター、そして多くのより小規模かつ重要な組織が含まれます。


100歳の時のインタビューはこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。