J・コメイFBI長官、オバマに対する証言は拒否

月曜日、下院諜報特別委員会のトリー・ゴウディ議員のジェームス・コメイFBI長官への事情聴取において、オバマ前大統領と6人の最高幹部職員を、2016年の選挙期間中、ロシア政府と元国家安全保障アドバイザーのマイケル・フリン氏に嫌疑がかかっている共謀について情報漏洩の潜在的根源を指しているように見えた。

このサウスカロライナ州の共和党議員は、「ジェームス・クラッパー国家情報局長がニューヨーク・タイムスとワシントン・ポストに登場する米国民の名前をしっていいたかどうか?」とFBI長官に最初に質問した。


ゴウディ氏は、前CIA局長のジェームス・ブレナン氏、元国家安全保障アドバイザー、スーザン・ライス前ホワイトハウス顧問、ベン・ローデス元弁護士、ロレッタ・リンチ弁護士、元司法長官サリー・イェイツ氏についても同様の質問をした。

最後に、ゴウディ氏はコメイ長官に、「マイケル・フリンと関わる呼びかけにオバマ大統領に説明をしたか」と尋ねた。

「私は大統領との会話やそのような話に入るつもりはない」とコミー氏は答えた。

上記記事はこちらから↓↓↓

=========================


海外ニュース情報局では、一部翻訳しました。
FBI長官コメイ氏は、あくまでも証言を拒否している点に注目してください。

トレイ・ゴウディ議員:

あなたはオバマ大統領に簡単に尋ねましたか?

オバマ大統領がマイケル・フリンを含む全ての電話について簡潔に話しましたか?


ジェームス・コメイFBI長官 :

私は、このような大事件や、私が大統領とのどのような会話も立ち入るつもりはない。

私は、そのことについて答えられない。


トレイ・ゴウディ議員:

今朝のこの動きには、いくつか推測できます。

私は、動機に興味があるわけではない。まず第一に、証明することは難しい。

第二に、それを証明する必要はありません。ただあなたに尋ねたいだけです。

オバマ大統領が、マイケル・フリン氏がなにか関与した電話についてあなたに打ち明けましたか?


ジェームス・コメイFBI長官 :

私は大事な事件や大統領との会話に入るつもりはないので、私はそれに答えることができません


トレイ・ゴウディ議員:

コメイ長官、私は、動機に興味をもっているわけではありません。

まず、それを証明するのは本当に難しいです。

あなたはそれを証明する必要はありませんが、私は、国民や陪審員が推測していることを知りたいと思う。

機密扱いで分類された資料を不法に流布する必要がない理由があるということには同意します。

情報が既にあなたとは違っていたので、進行中の犯罪捜査に役立つことは確かにありませんでした。


ジェームス・コメイFBI長官 :

私は、この特定の事柄の文脈では答えられません。


:::::::

 (何回か上記やり取りが続く)

::::::


ジェームス・コメイFBI長官 :

私は、答えられません。

しかし、見ている人がどのくらい真剣なのか知ってほしいです。

私達は、機密情報のリークはしますが、私達が調査をしていることを言ったという確認はしたくありません。

ただ、私は、その線で表現しなくてはならない。

上手くいくために正しい方法を考えるだけです。


トレイ・ゴウディ議員

いいえ、それでは十分ではありません。

私は、コメイ長官と議論したくありませんが、私達は、今日重要なことを検討する予定だということをあなたは知っています。

ロシアが私達の民主主義のプロセスに影響するかどうか、信じられないほど重要であります。

彼らが捜査に影響したかどうかにかかわらず、信じられないほど重要に動機の背後にある分析が分かれる。

犯罪レベルをいくつか上げるかもしれない重要な干渉です。

信じられないほど重要な米国の反応、いくつかの犯罪が上昇する可能性があります。

いくつかはそうではありません。

私は、重大犯罪だということに同意します。

私は、あなたが反対している事をいくつか理解するようお願いしたいです。 

不正を捜査する必要がある人は誰でも謙虚に捜査するよう願いします。

私も同じように終わらせたいので。

私は、このことについてアメリカの国民と政府の間との合意を始めました。

私たちは、米国の人々が私たちを安全に保つために政府に一定の権限を与えようとしています。

これらの権限が悪用されたとき、その動機は犯罪捜査や国家安全保障ではない。

それから、私は、あなたに勝つだろう。

仲間である国民は、裏を考えなおすかもしれない。

なぜなら、アメリカ国民は、次回は、可能性がそれらかもしれない、あなたかもしれないし、私かもしれない、誰かの番かもしれない。

私達が、真剣に調査し、議会が10年の重罪を犯すほど重大だと思ったことを真剣に調査し起訴するまでです。

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。