ロビン・ウイリアムスの妻、彼の死の真相を告白

By Baxter Dmitry  March 19, 2017


2014年、世界はロビン・ウィリアムズという名の俳優でありコメディアンである素晴らしい男性を失った。


彼は、自殺で命を失うことを選び、人々は、彼のニュースを受け取ると、誰もが、とても有名で、面白い人が自分自身で人生を終わらせる選択をしたことに即座にショックで打ちのめされた。


彼の死から3年後、後のコメディアンの未亡人が、「グッド・モーニングアメリカ」とのインタビューで、3年前の彼の自殺がうつ病が唯一の理由ではなかったことを明らかにした。


インタビューの間、スーザンは次のように語った。


「ロビン・ウィリアムスを殺したのは、うつ病ではありませんでした。

うつ病は、50の症状の一つでそれは小さなものでした。」


さらに、ロビン・ウィリアムスの未亡人は、主治医によって裏付けられた自殺の別の理由の可能性を示唆した。


「私は、何がロビンを殺したかみつけようと去年まですごしていました。」

とスーザンは述べた。


「私達が口論していたこと、私達に溝ができていたことを理解するため。」

と付け加えた。


そして彼の医師団の1人が

「ロビンは、自分が心を失っていることをよく知っていました。彼がそれについて何もできることはありませんでした。」

と語った。


====================


True Activistの報道より。


コメディアンである彼は、精神的な苦悩に苦しんで、多分、彼自身の体と運命をコントロールする最終的な形で自殺を選んだのだろう。


ロビンの体に対し、検死を行った結果、全ての人を笑顔にするこの男が、レビー小体型認知症(DLB)であったということが分かった。


アルツハイマー病の直後、DLBは最も一般的な認知症である。


苦痛の症状には、幻覚、精神状態の変化、および運動機能の低下が含まれる。


潜在的なレベルでさえ、ある人は、彼の体が彼の期待を裏切って、体を支配しようとしていることに気づいていた。


「私は、今、医師団全体としては正確に正しいことをやっていたことを知っています」

「この病気は私達より速く、私達より大きかっただけです。私たちは結局そこにたどり着いたでしょう。」

とスーザンは、コメントした。


スーザン氏によると、DLB患者は

「ピンボールマシンのように振る舞います。あなたが見ていることは、全く理解できない。」

と述べた。


検査結果は、ロビンが最後の日に示したことと一致する。


スーザンは、彼女の元夫は、一瞬、「完全に明快」であったかと思えば、数分後、「一致しない」ことを話すようにになっていたと語った。


彼が自殺する前に、彼の状態は「一気に壊れたように」見えるというところまでエスカレートしていた。


愛する人を失ったほとんど人は、そのことを受け入れ難いが、スーザンは、

「穏やかに、彼の人生をコントロールしようとするロビンの最終的な試みです。」

と語った。


また、彼女は次のように述べた。

「私には、多くの理由があります。

私を信じてください。

私は彼の心の中で何が起こっているのか考えました。

最終的には彼がその行為をすることについて。

そして、私は彼がただ「No」と言っていただけだ思います。

私はすこしも彼を責めません。私は少しも彼を責めません。」


元記事はこちらから↓↓↓


海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。