ロンドン・テロ容疑者の1人を逮捕

ロンドン中心部で起きたテロの容疑者が、警察に撃たれ救急車に運ばれ、容疑者の1人の写真が報道された。



YOMIURI ONLINE より 


3月22日午後2時50分に起きたロンドン中心部の英議会議事堂付近で、男が乗用車で歩行者を次々にはねた後、議事堂の敷地内に侵入して警察官を刺殺するテロ事件が起きた。

男は直後に警察官に射殺された。

ロンドン警視庁によると、男と警察官のほか、歩行者3人の計5人が死亡。重体・重傷者を含めてけが人は約40人に上る。


インディペンデントによると、容疑者の車両から不審物が見つかった為、議事堂周辺が封鎖された。

The Mirrorの報道によると、議会は現在閉会されている。

スコットランドヤードは、

「武装警官を含む警察官は、現場に残っており、事件の詳細が判明されるまで、これをテロ事件として扱っている」と声明を発表した。

また、次の地域を避けるように述べた。

「国会議事堂、ホワイトホール、ウェストミンスター橋、ランベス橋、ビクトリア・ストリート、ブロードウェイとの交差点まで、ビクトリア堤防から堤防まで」


トランプ氏は犠牲者への弔意を伝えた上で、治安当局や救護隊の効果的な対応を称賛し、さらに、事件の捜査について全面的に協力、支援していくことを表明した。


また、イギリスのメディアが犯人を「アジア人」と報道したことについて、写真が公開されたことで、怒りと論争を引き起こしている。


出典: インデペンド、ミラー、Milo、Yomiuri online

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。