トレイ・ガウディ下院議員は、誰も絶対にしなかったことにメスを入れた!

歴史上初めて、米国下院議員トレイ・ガウディ氏が、米下院情報委員会の調査に関連して、死体を掘り起こすよう要求した。


これに対し、ハーモン・ワトソン判事が、ヴァージニア州で死亡したビンス・フォスターの遺体を解剖して解剖するよう命令したことに同意した。


出版会社に届けられた「もし、私の身に万が一何かがおこったら」という手紙を記者が持っていた。


殺人事件でこの証拠が提出された直後命令が下された。


その手紙は、フォスターの自殺直後、ヒラリークリントンが23歳の時に犯した犯罪に大きく関わっていた。


フォスターの遺体は、すでに掘り起こされている。


遺体は、特定の死因を探すよう検死されるため、ノーフォークの海軍病院に移送されるところである。


今のところ、この事件の情報は、トレイ・ガウディと連邦検察官によって厳重に守られている秘密である。


ヒラリー・クリントンをよく知っている人は、ついに正義を見るかもしれない。

2017年3月26日U.S Politics

海外ニュース翻訳情報局 (ウイキペディアより)
ビンス・フォスター:
アーカンソー州ホープで生まれ育つ。ビル・クリントン前大統領が4歳まで過ごした祖父母の家の裏庭がビンスの家の裏庭と隣合わせていて、2人は幼馴染だった。アーカンソー大学で学んだビンスはアーカンソー州弁護士試験にトップで合格し、後にヒラリー・クリントンが働くことになるアーカンソー州リトルロックのローズ法律事務所に入りパートナーとなった。ビルの政治活動の支持者であり、またヒラリーの親友だった。
1993年クリントン政権の大統領次席法律顧問に任命されるが、同年ヴァージニア州のフォート・マーシー公園でコルト銃を手に死んでいるところが発見された(後の司法省などの調査では自殺とされた)。その後、ビンスの死んだ晩、上司で大統領法律顧問のナスバウムが、リトルロック時代のビルとヒラリーの弁護士を勤めていたビンスが保有していたホワイトウォーターに関連のあるファイルをビンスのオフィスから持ち出していたことが分かったため、ホワイトウォーター疑惑の隠蔽のために殺されたのではという噂が流れた。


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。