オバマ米国防次官補,生放送でスパイを手伝ったことを激白!

クリントン選挙運動の顧問 エバリン・ファーカス、オバマ米国防次官補が、MSNBCの生放送でオバマ前大統領のためにスパイ活動を手伝ったと述べた。



このインタビューで、オバマ政権の盗聴わかったことは、次のとおりです。


1.オバマがホワイトハウスを出る前に、オバマのためにトランプをスパイするのを手伝った。

2.ロシアではなく、トランプ氏が監視対象。

3.彼女は、彼らの方法をトランプから隠すことについて懸念を抱いた。

4.彼女は、ロシア人について心配していたので、リークを奨励した。

5.議会の人々は、オバマのスパイ計画を知っていた。



こちらが、MSNBC での動画です。

↓↓↓

こちらが上記の簡単な日本語訳
(エバリン・ファーカス)私は、元同僚に、議会の人とざっくばらんに話をするよう要請していました。
そのことは、実際に、議会での話に狙いを定めていました。
オバマ大統領が退任する前に、あなた方が、音楽情報を得られるのと同じくらい多くの情報を得ていました。
それで、その情報が上級職員が去ったあと、何らかの方法で情報が消えるかもしれないと恐れていました。
もし、彼らが、私達が彼らのスタッフについて知っていたことがわかれば。。トランプ政権の官僚に隠されてしまうでしょう。。

ロシア人と取引したトランプのスタッフは、情報源と方法の意図を漏洩しようとしていました。

私達は、もう情報機関へのアクセスのハッキングはしないでしょう。

それで、私は、十分なものがでてこなかったので非常に心配になりました。

私は、もっと多くのことがあることを知っていました。

私達は、ロシアに対し非常に優秀な情報機関を持っています。

そういうわけで、私は以前の同僚のような人と話しました。

私は、彼らがまた、議会で沢山の情報活動を手伝うことも企てていることを知っています。


(司会者)

今日も続いているのですか?

(エベリン・ファーカス)

リークの方法に注意を払ってください。


元記事はこちら、↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。