マリーヌ・ル・ペンは、新世界秩序を破壊することを誓った

フランスの大統領候補マリーヌ・ル・ペンは、フランスの大統領に選出されたら、「新世界秩序を破壊する」と誓った。


By Baxter Dmitry March 30, 2017


「必要であれば、腐敗し、私腹を肥やしている団体を私自身の両手で解体する!」

と、ヨーロッパのエリートに警告した。


「人々は話している。そして彼らのメッセージは明確である:新世界秩序は終わる。

マリーヌ・ル・ペンは、パリの西の国民戦線党の本部をツアーで訪れたファンのグループに話した。


「エリートは、メディア機関に煽られたプロパガンダの後ろに隠れて安全ではいられない、ブリュッセルで責任のない決定をし、この狂気に反対している市民を黙らせている。 私が大統領になるときには、以前は見られなかったような猛烈な反撃の波が来るでしょう。」


ドキュメンタリーのクルーによると、ツアーグループは自発的に拍手を送った。


最近のBBCのインタビューで、マリーヌ・ルペンは敵意を抱いているインタビュアーを論破し、フランスの主権を取り戻すという彼女のビジョンを描いた。


「私が大統領に選出されたら、私はEUに行き、4つの主権を取り戻したいと言います。

立法主権:私たちの法律はEU指令より重要です。

領土主権:誰が来て私たちの国に留まるかを私達が決め、国境が必要です。

第3に、経済と銀行の主権:もし私が望むなら、私は経済上の愛国心を促進する権利があります。そして、もちろん、4つ目は、貨幣主権。」


EUがルペンの要求を拒否すれば、

「専政的な国際政治機構を去るより他に手はない。」

とフランス国民に話すと彼女は言う。


乗馬と緑色のカエルの繁殖を趣味としているマリーヌ・ルペンは、

「フランス、オランダ、デンマーク、イタリア、ハンガリーなど大陸全域のヨーロッパ諸国が英国の足跡をたどってEUを拒否しており、EUが、まもなく共産主義のソ連のように失敗したプロジェクトとしてゴミ捨て場に引き渡されるだろう。」

と信じている。


「 何か根本的なことが起こっている。

国家の復活、主権国家の復活、国民の復活、国境の復活。

人々は今、自らの運命を管理したいと考えています。

長い間、彼らはそうすることができませんでした」

と、ル・ペンは述べた。


インタビューはこちら↓↓

元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。