【速報】「トランプ大統領が、メルケル首相に500億ドルの請求書を渡した」という記事はフェイクニュースです。

ドナルド・トランプ米大統領が、ドイツのアンジェラ・メルケル首相にNATOの国防分担金に対する請求書を渡したという報道について、両政府共に否定している。


イギリスの新聞「ロンドンタイムス」は、匿名のドイツ政府関係者筋を引用し、トランプ氏が今月初め、ワシントンでの非公式会合でNATOに3000億ポンドを超えるNATO国防分担金に対する請求書を渡したと報道した。


「このような要求を出す考えは、相手を脅迫することです。しかし、メルケル首相は、静かに受け止め、このような挑発に反応しなかった」

と、関係者筋は語ったとある。


トランプ政権は、新聞に書かれたことを否定した。


ホワイトハウスのスポークスマン、マイケル・ショート氏はCNBC タイムズの報道に対し、

「間違っている」

とトランプ政権は新聞の主張を否定した。

さらに、ビジネスインサイダーの見かけが請求書ようなものについて

「いいえ、これは真実ではない」と述べた。


3月17日の記者会見↓

3月17日の会議後、トランプ氏は、ドイツがNATOに「膨大な金額」を支払うべきとし、米国は防衛のために「もっと支払わなければならない」と言った。トランプ氏は、軍事同盟から恩恵を受け続けるためには、ヨーロッパの同盟国が交渉の終わりを満たす必要があると繰り返し述べている。

==================================

FAKE NEWSから聞いたことにもかかわらず、トランプ氏は、

「私はアンジェラ・メルケル首相と素晴らしい会談をしました。そうはいっても、ドイツには、.借金がある。」

..とつぶやいた。

さらに、

「NATOと米国の膨大な資金を、ドイツに提供する強力で高価な防衛のためにさらに払わなければならない!」

とつぶやいた。

=======================================


しかしながら、タイムズ紙は、メルケル首相は、首相に近い方ひとつの匿名の情報筋をあげて、メルケルは、「この挑発を無視した」と報じた。

同紙によると、「大統領はNATOの国防費について非常に正当ではない見方をしている。同盟は、会費のクラブではありません。この約束は国の国防予算への投資に関連している」

と述べられている。

=====================================-


月曜日、Politico Europeは、 ドイツの首相のスポークスマンがNATO請求書の新聞の報告を否定したと報道した。


ドイツの首相のスポークスマンステファン・シーベルト氏は、

「トランプ大統領が具体的な10億もの金額で連邦首相に一種の請求書を示したという報道は、真実でありません」

と述べた

元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。