トランプ大統領のフェラーリ、オークション・アメリカに登場(抄訳まとめ)

2007年のフェラーリF430は現在、オークションアメリカのイベントに先立ち、フロリダ州フォートローダーデールのコンベンションセンターに展示されている。


見積もり:250,000〜350,000ドル


4.3リットル、490馬力V-8エンジン6速F1パドルシフトトランスミッション
6,000マイル以下
フェラーリでサービス - ロサンゼルスのマセラティ

デイトナスタイルのシート

スクーデリア・フェンダークレスト

Giallo(イエロー)カーボンダッシュインサートゲージ

6連CDチェンジャー付きラジオ


2007年のフェラーリF430は現在、オークションアメリカのイベントに先立ち、フロリダ州フォートローダーデールのコンベンションセンターに展示されている。


トランプは個人使用のために新車でF430を購入し、走行距離計2,400マイルを走り、4年以上所有していた。2人目のオーナーは、2011年から走行距離3,600マイルになる。


伝統的なフェラーリレッドの外装と淡い革のインテリアが特徴で、元のディーラーのステッカーによれば、オプションあまり多く追加されていなかった。

しかし、赤色塗装のブレーキキャリパー、「Daytona」と呼ばれるパワーシートのオプション、布張りのヘッドライナー、Scuderia Ferrariシールドバッジなどが後に追加されている。


F430は、490馬力のスポーツを楽しめる4.3リッターV8エンジンによって駆動され、6速F1パドルシフトトランスミッションを搭載している。車は、マニュアル、ツールキット、サービス記録がすべて付属してある。


「トランプ大統領が世界の一流品を求めることはよく知られており、このフェラーリF430も例外ではありません。この車のリリース当時、市場で最も技術的に高度なパフォーマンスカーの一つでした。すでに低生産車であり、その上この車の価値は、トランプ大統領の所有によって大幅に上がっている」

と、オークションアメリカは語った。


「前大統領が所有していた現行車を見るのは非常に珍しいことです。ドナルド・トランプはスーパーカーを所有する唯一の米国大統領である可能性が高いです。このフェラーリF430は非常に特別なものであり、どんなコレクションにも素晴らしい追加であることは確実でしょう。」

と付け加えた。



Copy of Original Title

アメリカンオークションはこちら↓↓↓

参考記事:the truth division


海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。