オバマ前大統領の違法スパイ行為、『政治目的』のために数か月間行われていた。

大統領選挙期間中のトランプ氏に対するオバマ政権のスパイ行為は、トランプ大統領の主張よりかなり深刻だったことが徐々にわかってきた。


By GARTH KANT April1st、2017


ワシントン発― 


大統領選挙期間中のトランプ氏に対するオバマ政権のスパイ行為は、トランプ大統領の主張よりかなり深刻だったことが徐々にわかってきた。


さらに、ロシアとは関係がなく、全て政治的な目的だった。


諜報機関の情報筋によると、監視下にあったトランプ陣営の人々の名前の不当な開示や摘発は、単に「政治的目的のために」「トランプとそのチームを傷つけ、困惑させる」ために行われたものだという。


FOXニュースによると、暴露の爆弾は、情報機関の一般職員のメンバーからのもので、彼らは全米のスパイ機関のリーダーによる妨害と戦っている。


アダム・ハウスレイ記者は、

「これらの情報筋は、"トランプ支持者"ではなく、これらの諜報機関で行われている政治に不満がたまっている”。」

と述べている。


彼らが、暴露したことは素晴らしいことである。

FOXに語ったことは次のとおりである。


1)トランプ氏をターゲットに監視を始めたのは、7月に共和党から指名され大統領候補になる数か月前から始まった。


2)トランプチームに対するスパイは、外国の情報収集やロシア選挙妨害の調査とは何の関係もなかった。


3)スパイ活動は、「国家安全保障とは全く関係がなく、全てはトランプとそのチームを傷つけ困惑させるという政治目的のために」行われた。r


4)スパイの正体が明らかになった人は、「非常によく知られていて、地位が高く、諜報機関の世界では、非常に上級者であるが、FBIではない。」という人物だ。


5)議会の捜査官は、正体が明かされた少なくとも1人の名前を知っている。


6)トランプチームの最初の調査では、「多数の名前」が明らかになった。


7)下院情報特別委員会のデビン・ニューネス委員長(カリフォルニア・共和党)は、1月以降の正体を明かされた人を知っていた。


8)諜報機関の2人の情報源は、正体が明らかになった人とトランプチーム内の人物の少なくとも1人の名前をニューネス氏に伝えた。この情報源は、さらにニューネス氏に、正体が明らかになった人物を文書化した分類された報告書のシリアル番号を渡した。


9)諜報機関がニューネス氏を妨害し、議長やその他の人々に見られないようにしたため、これらの諜報機関の報告書を見る方法を見つけ出すのに何週間もかかってしまった。


10)ニューネス氏が情報を見ることができた場所は、たったの2か所しかなかった。

正体が明かされた情報源が働いている場所とホワイトハウスの敷地内のアイゼンハワー行政府ビルにあるアメリカ国家安全保障会議である。

アメリカ国家安全保障会議は、彼が求めた報告者を含む安全なシステムにリンクされたコンピュータを持っている。


11)3月21日、ニューネス氏は、2人のトランプ行政職員の助けを借りて、そのシステムにアクサスした。


======================


ウォールストリート・ジャーナルのキンバリー・ストラッセル氏は、次のように報じた。


「ニューネス氏が見た文書は、オバマ政権が、数か月間トランプチームをスパイしたもので、議会が見るための諜報機関の”仕上げ”文書ではないため、簡単に手に入れることができない。」

「トランプチームの職員に関する情報を持った何十もの文書がある」と述べた。


また、ストラッセル氏は、

「諜報機関は、情報委員会の委員長に対して協力しなかった。『ニューネス氏が諜報機関に文書を譲渡せよと要求している。』ため運悪く、そうなった。」


彼女はまた、旧国家安全保障顧問のマイケル・フリン氏と一緒に、他のトランプ当局者の1人の正体が明かされたことを知った。


新政権が就任する前に彼が電話でロシア大使と話したというレポートの一部として彼の正体がプレスにリークされたあと、フリンは辞任した。
トランプ大統領は、2人とも不適切なことは何もないと述べた。そして、フリン氏は、ただ彼の仕事をしていただけだと証言した。しかし、彼が会話の最初の報告に完全に正直でなかったので、大統領は側近の辞任を求めた。


しかし、トランプ行政の職員が議論されたことを明らかにした方法が書かれた書類でさえ摘発しなかった。


また、ストラッセル氏は

「要約すると、オバマ大統領は、政権において広くスパイしていた」

と結論づけた。


=================


FOXは次のように報道した。


上院司法委員会は、外国情報監視法(FISA)が外国監視の一部を取得することを要求したため、FBIからトランプチームを標的とした情報の漏洩が起きたかどうかを調べている。


ニューネス氏は、FBIが情報の要求に応えていないとし、情報筋によると、FBIは下院の調査に協力することを拒否していると語った。


FOXはまた、上院司法委員会が調査していると報告した。


「FBIが誤った捜査において、トランプ氏の反対派からの政治的に反対の調査を間違って含んでいるかどうか。」


「そして、FBIがトランプ氏と彼の側近が不正を働いたという的外れな主張をする驚異的で不信感のある報告書を書いた元イギリスのスパイに代金を払ったかどうか。」


====================


トランプ大統領が、ツイッターで

「オバマが大統領をスパイしていた」と告発する前日の金曜日、

ショーン・スパイサー報道官が、

「上級行政官、外交政策専門家であるエバリン・ファーカス博士とのコメントは、オバマ政権が政治的目的のために高度に機密情報を使用し漏洩するような、組織的かつ広範な努力があったかどうかに重大な懸念を提起した」

と述べた。


WNDがこの件の根深さを報告したように、前オバマ大統領政権が、政治目的のために当時の次期大統領トランプの移行チームをスパイしたことを不注意に確認したことをファーカスは表していた。


MSNBC 3月2日、トランプチームに集められた諜報員は、前政権の報員を集められたとだけではなく、できるかぎり広範囲に共有しようとしたことを彼女は確認した。



エバリン・ファーカス

エバリン・ファーカス元国防長官補佐官


ファーカス氏は、この情報はトランプキャンペーンとのロシアの共謀に関するものだと主張した。

しかし、数日後、オバマ自身の元国防総省ジェームス・クレッパーと元CIA長官のマイケル・モレルを含む、機密情報を見た情報院長が彼らはトランプチームとロシア政府の間に結託の証拠は見られていない。


それは、オバマ政権が無我夢中に収集し、分類した情報を共有する本当の理由が、国家安全保障の目的ではなく、政治的理由からであることを示すように見えるからであろう。


金曜日、スパイサー報道官は 次のように述べた。


「ドクター・ファーカスの告白だけは衝撃的だった。」

そして、

「彼らの仕事の通常の過程であるNSC - 国家安全保障理事会 - スタッフは、大統領とファーカス博士の主張によって提起された質問を支持するかもしれない情報を発見した。

これらは深刻な問題です。彼らは重大な懸念を引き起こします。

本当なら、問題は衝撃的なものになるだろう。」


スパイサー報道は、はその後、ファーカス氏の話を無視し、オバマがトランプのチームをスパイした証拠の多くを記者に説明し、

「もし、みなさんが、大統領と政権に対し、公正に扱ってくれたなら、あなた方は、一連のものとは違う質問をするでしょう」

と説教をした。


以前この件は、当ブログでも取り上げています↓↓↓


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。