ミッシェル・オバマは、大統領に立候補するため登録しようとしたが拒否された。

ミッシェル・オバマは、大統領に立候補するため登録しようとしたが拒否された。


By Conservative Army - April 2, 2017


今朝、ミッシェル・オバマ氏は、国務長官室に2020年の大統領選に立候補するため登録しようとした。

一旦、潜在的候補者として保障されると、署名を集め、それぞれの州で立候補するプロセスが始まる。


この時の国務省の唯一の職務は、候補者が大統領である3つの憲法での必要条件を満たしているかどうかを確認することだ。


第一条件は、35歳であるか。。彼女の場合, これは簡単だ。


第二の条件は、米国で生まれていること。


第三の条件が、彼女には不十分だった。

ほとんどの人が考えもしないことで!



資格を得る前に、「14年間、米国内の居住者」でなくてはならない。

なぜ、彼女にその資格がないのか?彼女がどのように育てられたか?

主に彼女自身のことだ。


子供の頃、ミッシェル・オバマ氏の法廷居住地は、英国領ヴァージン諸島にあった。

彼女の両親は、移民の立場で学校教育の特例資格を得るため、その状態を保っていた。


出生してから22歳の間で、彼女が大学を卒業後、ミッシェル・オバマ氏は、法的な米国居住は2年間だけだった。


大学卒業後、税金の支払いを避けるため、ケイマン諸島に住所を置き、所得税の申告をしていたためだ。


したがって、彼女が卒業した時とファーストレディーになった時の年も居住年数に入らない。


ホワイトハウスにいる間、オバマ氏は所得税総合申告をし、彼女に7年間の居住年数を与えた。

合計で9年間の居住なので、彼女には大統領になる資格がない。


彼女は、2021年に資格を得ることになる。


2020年の大統領選は、立候補できないので彼女の選挙キャンペーンを見る必要がないことを意味する。

なんと安心だろう。


彼女は、「平均的なアメリカ人」(別名福祉のたかり屋)の窮状に、全て「ポリティカル・コレクトネス」という共感を雄弁に話す思考は、全米に吐き気の波を引き起こすかもしれない。


元記事はこちら↓↓↓  参考 :Conservatives

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。