トランプ氏が所有していた株の会社が、シリア攻撃で、一晩で10億ドル稼いだ。

トランプ氏が所有していた株の会社が、シリア攻撃で、一晩で10億ドル稼いだ。


By Edmondo Burr April 8, 2017


トランプ氏が所有していた株の会社が、シリア攻撃で、一晩で10億ドル稼いだ。

軍事産業監視複合体は、その力の頂点にある。

過去数十年のすべての苦労は、巨額な給料日のための環境を作り出し、トランプ大統領のおかげで報われた。9/11以降の何よりも大きかった。

彼らは、今、ホワイトハウスに米国大統領を雇っている。その大統領は、金儲けに感謝し、その理由に共感している。

ドナルド・トランプ大統領は、ホムスでシリア空軍基地に衝突したミサイル製造会社の株式を保有していた。


===========================================

The Free Thought Project reports:

By Matt Agorist - April 7, 2017


トランプ大統領の命令で、ホムスのシリア空軍基地から米軍が発射した59個のトマホーク・ミサイルは、1本に付き80万ドルから140万ドルの費用がかかる。


この明らかに高価な米軍支出の急増は、その後メーカーの株が急上昇することになった。

また、トランプ大統領が投資する株式の種類に関する調査について、自由思考プロジェクトを送る。

私たちが見つけたのは衝撃的であるが、悲しいことに典型的でもある。


トマホークのミサイルは、大部分の人々がよく知っている会社Raytheonによって製造されている。


レイセオンのウェブサイトによると

:「今日のトマホークBlock IV巡航ミサイルは、何時間も旋回することができて、命令ですぐにコースを移すことができて、ピンポイント精度でストライキをする前に、幾分世界中のコントローラに、その目標の絵を放射することができる。

トマホークは船舶や潜水艦から発射することができ、1000マイル以上離れた高度に防御された空域を飛行することで、巻き添え被害の損害を最小限に抑えて高価値のターゲットに正確なストライキを行うことができる。

このような長距離から武器を発射することは、船員を危害から守るのに役立つ。」


しかし、大統領の最近のFEC公開によると、トランプ氏がレイセオンの株を実際に所有しているかどうかをという事実に精通していないかもしれない。

その通りある。

トランプ氏がシリアで発射した59本のミサイルである。

そのコストは、納税者に4,700万ドルから8,200万ドルの間の費用を掛けている。

事実、大統領のために利益をあげることができた。


レポートによると、トランプ氏は、Apple、Nike、Whole Foods、Google、Philip Morris、McDonald's、Facebook、Morgan Stanleyを含む多くの有名な企業を所有していたか、株を持っていることを示した。

その中には、トランプ氏の攻撃から数十億奪う立場にあるその他の防衛請負業者も含まれる。


2016年12月、トランプのスポークスマン、ジェイソン・ミラーは、ザ・ポストに、トランプ氏は、彼の資産のすべてを清算したと述べた。


しかし、私たちはまだこれの証拠を見たことがなく、少なくとも2018年までは何の証拠も見ることはない。


オバマ大統領の倫理カウンセラーを務めたノーム・アイゼン氏は尋ねた。

「利害関係のない資産をもっているか、他の株をかったか、新たな利益を生み出す資産か、私達は知る必要がある。だからこそ、私達が正確で完全な資産公開を必要します。

彼がすべての株式を清算した場合、彼はそのお金で何をしたのですか?

どの銀行にありますか?彼は何を買いましたか?それはたくさんのお金です。」


======================


ビジネスインサイダーによると、レイセオン株は、木曜日の夜の攻撃の後、市場前取引で3.54ポイント上昇し、約2.3%の上昇となった。

当然のことながら、2.3パーセントは多くないが、レイセオンの総マーケット相場に対する影響を考慮すると、それは明らかに重要である。


木曜日、レイセオンは150.75ドルで取引を終え、金曜日の朝は154.62ドルで取引を開始した。これにより、同社のマーケット相場は441億ドルから454億ドルに増加し、1日でおよそ15億ドルに達した。

ロッキード・マーティンとボーイングは同様の利益がでた。


また、オープン・シークレットによると、トランプ氏はレイセオンに与えるだけでなく、彼らも彼に与えていたた。


トランプ氏の最新の視差の公開報告によれば、彼の株式の持ち株は、Barclays、Oppenheimer、JPMorgan、Deutsche Bankの口座で保有されていた。

しかし、FECからの開示が構築される方法は、彼らの持ち株を幅広い範囲にリストすることを大統領候補に要求するだけである。

それで、私たちは、彼がこれらの会社でどれくらいの株式を持っているのか分からない。

どんなに衝撃的であっても、トランプ氏の状況は何も新しいものではない。


したがって、2013年にシリアでの軍事行動の話が最後にあったとき、レイセオンの株価は過去最高値まで上昇した。


米政府当局によると、武器メーカーはシフトや雇用労働者を増やしているが、世界の大量破壊兵器需要に追いつくにはこれで足りないかもしれないと警告している。


彼らがイエメンで学校と病院を爆破することができるように米国がサウジアラビアに何万もの弾頭を送って、彼らはイラクとシリアに何百もの爆弾を落としている。


爆弾と米国の外交政策がテロリズムの実際の源であると理解する代わりに、ブッシュ、オバマ、そして現在トランプのような戦争屋の政治家は、このマシンを供給するためにあなたの税金を盗むために恐怖を使用している。


侵略的で殺害的な米国の外交政策のおかげで、中東での攻撃には「イスラム極端主義」不足はない。サウジアラビアは米国の武器を受けているばかりでなく、湾岸諸国やシリアの反政府勢力の多くもそうである。


スメデドレー・D. バトラー小将は、海兵隊から引退した後、1930年代初めに全国ツアーを行い、「戦争はラケットである」という演説を行った。

この演説は、全くよくこのシナリオを要約している。

バトラー氏と他の歴史的な軍人とを区別することは、彼が名誉の勲章を2回授与された唯一の歴史上19人のうちの1人であることある。

それで、高い地位を叙勲さされた2星の将軍が、戦争がラケットであると主張する舞台にでると、大部分の人々はとにかく聞く。

バトラー氏のスピーチの一つにおいて、彼は戦争を非難し、非常に小さな「内部」グループに利益をもたらすために非常に多くの人々が亡くなったことを指摘した。

スピーチの一部を読むと、


戦争は不正な商売です。
それは常にありました。
それは、おそらく、最も古くて、簡単に最も利益を出し、もっともたちが悪いことは確かです。

それは、利益がドルで計算され、命を失うというただ一つのことだけです。


悲しいことに、この孤立した残忍な政府の中には、戦争の本質を実感する人はほとんどいない。

第三次世界大戦の脅威が惑星全体に織り込まれるにつれて、アメリカの納税者は、この世界戦争が行われる兵器を建設するために逃げ出している。

その間、司令官と長官は利益を享受している。


元記事はこちら↓↓↓



海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。