トランプ氏の義理の息子で信頼するアドバイザーはソロスによって資金提供されている。

トランプ氏の義理の息子で信頼するアドバイザーはソロスによって資金提供されている。


By Baxter Dmitry April 8, 2017


クシュナー氏に近い関係者によると、グローバリスト億万長者ジョージ・ソロス氏のファンドマネージメントは、ジャレッド・クシュナー氏の不動産会社ファイナンス・スタートアップ・カレドに2億5000万ドルの資金提供をしていることがわかった。


資金調達の仕組みに精通している情報筋は、ニューヨークの不動産ウェブサイトであるリアル・ディールに、

「ソロスはクシュナー氏の家族と古くから有益な関係を築いている」

と語った。


ビジネスインサイダーは、6月にジョージ・ソロスからジャレット・クシュナ氏へ、2億5千万ドルのクレジット・ラインの存在を最初に報告したが、その情報源は述べていない。


衝撃的なニュースは、伝えられるところによると、クシュナー氏がスチーブ・バノン氏を疎外し、トランプ氏のアメリカ・ファーストの方針を却下して、トランプ政権のホワイトハウスの支配権を握ったとされている。

クシュナー氏が支配し、政権はジョージ・ソロス氏のグローバリストビジョンに沿った方向により推進されている。


Real Dealのレポート:ジャレット・クシュナー氏は最近、義理の父であるトランプ大統領の顧問としてホワイトハウスに加わった。


ポリティコのレポート: 彼は、利益相反を避けるために、35社における株式を売却する計画だと発表した。


ソロス―クシュナーのつながりの皮肉な点は、ジャレット・クシュナー氏が組織化することを助けたドナルド・トランプの大統領選挙キャンペーンでジョージ・ソロスを非難していたことだ。

11月のキャンペーンビデオはソロスの顔を映したが、トランプの声が「あなたには良心はない」「グローバルな特別利益」と声をあげていた。


そのビデオは、世界中のリベラルな原因を後押し、富裕層を対象とした元ヘッジファンドマネージャーであるソロスをターゲットにした反ユダヤ系の陰謀説を演じることで多くの人に非難された。


ソロス氏は、声に出してトランプ氏に反対した。


ソロス氏は先週ブルームバーグに語った。

「私は彼を詐欺師でペテン師で自称独裁者だとみている。」

「しかし、彼は憲法と米国の制度が十分強いと確信しているので、彼はただの自称独裁者に過ぎない。」

と述べた。


CNBCのレスポンシブ・ポリティクスのデータによると、ソロス氏は、2016年の大統領選挙でヒラリー・クリントン氏に1050万ドルを寄付している。


====================================


2015年初頭にクシュナー兄弟 のジャレッドとヨシュアとブラックストン・アルム・ライアン・ウィリアムス氏が設立したCadreは、ニューヨークなどの主要市場で不動産取引と金融機関を結ぶオンライン投資プラットフォームある。

Cadreは一般に、投資家がオンラインで利用できるようにする前に、クレジットラインを使って取引に投資する。

Cadreの現在の評価額がいくらなのかは不明である。


ベンチャーキャピタルを追跡しているピッチブックによると、Cadreは2015年後半の1830万ドルのシリーズAラウンドに続き、99.9百万ドルで評価された。

昨年1月、シリーズBの資金調達ラウンドで5,000万ドルを調達した。

そして、 会社に総投資額は、6800万ドル以上に上った。


しかしその後、デラウエア州を設立地とするのエンティティ、RealCadre LLCとして再統合された。

ウィリアムズ氏は、TRDが7月に話したときに、同社が閉鎖した取引を名乗ることを拒否した。2016年上半期にCadreが2億ドル以上の買収を完了したことだけを語った。


========================


海外ニュース翻訳情報局より補足

バノン氏とクシュナー氏についての他の記事から

ホワイトハウス内のに内戦にトランプ大統領が疲れたということ。前補佐官の1人が「大統領が結果を要求している」と述べたため、バノン氏は政府の早期崩壊に対する責任の一部を負って辞めた。
(ガーディアンより)


ゴシップ的な報道では。。

バノン氏は、クシュナー氏のことは「握手して戸口に押し入ろうとしている。」

「彼はグローバリスト」「Cuck」と呼んでいたと伝えられている。

「Cuck」とは、クシュナーから来たという説と「妻を寝取られた夫」という意味がある。




元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。