トランプ氏との会談の後、中国は15万人の兵士を配備した。..

トランプ大統領と会談してから1週間も経たないうちに、中国は北朝鮮の攻撃の可能性を恐れて、15万人の中国軍を北朝鮮国境に送り込んだ。


By Su April 10, 2017


トランプ大統領と会談してから1週間も経たないうちに、中国は北朝鮮の攻撃の可能性を恐れて、15万人の中国軍を北朝鮮国境に送り込んだ。


これは、私たちが密接にモニターしている状況が拡大しているようだ。...


Sun.ukから


シリアに対する米国の空爆に伴い、可能性のある恐怖を恐れて、最大15万人の中国軍が北朝鮮国境に送られた。

ドナルド・トランプ大統領が金曜日にシリアにミサイル攻撃を開始した後、医療と救援部隊が北朝鮮の難民を取り扱うために中国人民解放軍から配備された。

表向き北朝鮮の脅威に対する話し合いを前に、中国の核の特使が月曜日にソウルに送られた。

米海軍はUSSの空母カール・ビンソン航空母艦の攻撃隊をシンガポールから北朝鮮に移した。


レックス・ティラーソン米国務長官は、

「シリアに対するストライキ措置は、北朝鮮を含む他の国々に対する警告であり、もし彼らが脅威を提起すれば、可能性が高い」

と警告した。

また、彼は次のように述べた。

「もし、中国が我々と調整することができない何かがあるならば、我々は我々自身のコースを計画する準備ができている。」

「我々は、措置をとる時間を彼らに与える必要がある。」


朝鮮民主主義人民共和国の金正恩最高指導者は、シリアでの米国のミサイル攻撃に対して、核兵器を守る "容赦しない侵略行為"と批判している。



元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。